2012年02月29日

トゥヴェール/ブライトニングセラム

ブライトニングセラム
評価 5 (満点!)
メーカー名 トゥヴェール
ブランド名 トゥヴェール
商品名 ブライトニングセラム
アイテム 美容液
その他 30ml/2980円
入手法 ネット通販

使用感
あれは約10年前、20代前半のとき。
ニキビ・ニキビ痕で悩み、皮膚科へ飛び込んだときに
処方されたのは、抗生物質と「ハイドロキノン」と呼ばれる軟膏でした。
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほどの美白効果が
あるらしい画期的なアイテムですが、当時は基本的に
薬局処方で手に入るものでした。

「ハイドロキノンは高温に弱いので冷蔵庫保存。
 ニキビ痕だけに塗ってね。それから塗ったら
 上から日焼け止めを塗ってね。あと、塗った場所が
 反応を起こすようなことがあれば使うのを止めてください」

シミ一つ無いお肌はつるつるピカピカ、年齢不詳の女医さんに
言われたのを覚えています。
なぜこのような注意を受けたかというと…
このハイドロキノン、確かに白くはなるものの、それゆえに(?)
扱いが難しく…劣化しやすいうえに毒性も強いらしく、
細胞毒性により肌の老化が進むことがあるそう。
また、一部分に塗り続けると肌がまだらになることもあるとかないとか…?
(と、まぁ色々怖いことを書きましたが、私自身は使用時に
 特に問題はなく、ニキビ痕も消えたので良かったです)


ハイドロキノンの毒性が明るみに出た現在、代わる新成分としては
「W377」が注目されています。
W377とは「新規ポリフェノール」のこと。
メラニン合成酵素の阻害率が高いそうで、ハイドロキノンや
コウジ酸に比べても数千倍なのだとか。
所謂「シミ予防効果が高い」アイテムということになります。

長々と書きましたが、トゥヴェールのブライトニングセラムには
注目の新成分「W377」が配合されており、
普段ビタミンC誘導体を使っている人は併せて使用すると
美白効果がグンとアップする、のだそうです。

私はプレ化粧水として朝晩使用しています。
琥珀色のサラッとした美容液。
1、2プッシュを、シミになりやすい目元、
頬の高い部分を重点的に押し込んだ後、同じトゥヴェールの
ビタミンC誘導体で作った化粧水を塗っています。

肝心の効果はというと…これを使い始めて1本目の途中から
朝、晩と鏡を覗く度に
「なんだかメイクをしていないのにメイクしてるみたい?!」
と、自分で思っていました。
言いすぎかもしれませんが陶器のようにつるっとして
一枚ヴェールをかぶったような、白さ。
おそらくこれがくすみ抜け効果なのでは…?
内側から肌が輝いているような感覚。
毛穴も目立たないんですよね。
期待以上にすごいアイテムでした。
しかも、即効性もアリ!

実は一本目が終わってからしばらくブランクがあったのですが、
その間は肌に輝くような白さが消え、ホルモンバランスが
崩れる時期にはニキビも出来てしまったので、
慌てて二本目を購入。
するとすぐにまたあの輝きが蘇り…!
う〜ん、これこれ!
シミも薄くなり、目立たなくなったような…。
ニキビも覿面に出来なくなりましたしね。
今の時点ではこれが「シミを消す」とは断言できないんですが、
肌全体のくすみぬけは最強!
この肌が維持できるうになったらいいのですが、
維持するには使用し続けなければならないかも
しれません。
が、ハイドロキノンに比べて使用制限もなく
使いやすいし、お値段もとってもリーズナブル。
常備したいアイテムに仲間入り、です!

・・・少々テンション高めかもしれませんね。。
1年後くらいにどうなっているか追記するかもしれません。



成分
水、BG、アスコルビルエチル、グリセリン、プロパンジオール、水添レシチン、フェニルエチルレゾルシノール、サクシノグリカン、ヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体、マルチトール、ヒナギク葉エキス、オウゴンエキ、アロエベラ葉エキス、カッコンエキス、クロレラエキス、セイヨウオオバコ種子エキ、ブドウつるエキス、シリカ、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、カラメル、クエン酸、クエン酸Na
posted by 黒橡 at 00:00| スペシャルケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。