2016年01月23日

資生堂インターナショナル ヴォカリーズ(香水)

20160122141627292.jpg


気づいたらもう10年近く前のことになる。

「ヴォカリーズ」という香水に出会ったのは、当時住んでいた家の近くの、薬局でもないドラッグストアでもない「ファーマシー」と呼ぶのにふさわしいお店。

処方箋、市販薬、健康食品、化粧品…こうして書いてみるとドラッグストアと同じラインナップだけど、置いてあるものはチェーン経営のお店のものとは少し違い、こだわりの商品が多かったように思う。

激安の商品があるわけではないからか、そこはものすごく繁盛しているわけではなく、かといって全然お客がいないわけでもなく…そのあたりの住人のためのお店だったように思う。

デパートコスメだと少し敷居が高かったり販売員がうるさかったりするので、わたしはフラっとそこへ行ってはあれこれ物色するのが好きだった。

資生堂の商品もたくさん置いてあり、当時資生堂が20代女性向けに販売していたピエヌの商品はここでたくさん買った覚えがある。

そこに資生堂インターナショナルのフレグランスコーナーがあった。

ヴォカリーズ、ZEN、名前は忘れてしまったけれど、あともう一種類。

当時は香水なんてロクに買ったことも付けたこともなく、むしろ「くさいな」くらいにしか思っていなかったので、シュッとひと拭きした瞬間に調香師の世界観が広がるという現象があることに驚いた。

ヴォカリーズは、私の日常にはない世界があった。

パウダリー。
重厚。
甘いけれど、「甘ったるい」とは少し違う。
秋〜冬の、キリっと冷たい空気の中をしなやかに歩く毛皮をまとったハイヒールの女性。
都会的で少しクール、だけどまるでウイスキーのような熟成した印象。


…香水の表現は難しい。

今思えば、これを纏うなんて10年早かった。
当時は自分が若いなんて知らなかったけれど、くすみやシミなど無いハリのある肌、艶のある髪、生命力…それを持っている女性には似合わないと今では思う。
香水の使い方も知らず、ただやみくもに纏っていた。

今になってふとこの存在を思い出し、足首にそっと潜ませると、不意に立ち上る香り…嗚呼、やっとこの香水に追いつけた気がする。
これほど「香水」に相応しい一品はなかなかないように感じる。

今はもう、購入することが困難な一品。
これを売っていたファーマシーも今はもうないと聞く。

残り少なくなってその輝きを思い出し惜しむ気持ちが湧き起こる。
「あって当然」だったものが素晴らしかったということにはいつも後から気づく。



ジャックキャバリエ氏による調香。
posted by 黒橡 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

ゲラン/ディヴィノーラ リップスティック#272

使いかけの口紅…汚らしく見えたらスミマセン

「可愛い魔女さんね」

魔女の宅急便に出てくる、キキが憧れるキャリアウーマン(?)の女性がキキを見て発する一言。
あの女性は誰もが憧れる「素敵な女性」の普遍的な姿なのではないかと思う。

彼女よりも、おそらく歳だけは重ねている私。
今でもきっと、14歳の魔女を見かけても「可愛い魔女さんね」なんて素敵な言葉を発せられる気がしない。


このゲランの口紅は、7〜8年前に勤務先で知り合った、少し年上の女性が辞めるときにくれたもの。
「これを付けるとほめられることが多いんですよ」
って。
当時30歳になりたての私、そう言われてさっそく試してみたけれど…なんだか似合わなかった。

その頃を思い出すと、よく使っていたのはラメやパールが入ってライトな付け心地のグロスばかり。
この口紅は、なんだか当時の自分には重かった。

素敵な女性にしか似合わないのかもしれない。まだまだ、この口紅に見合う自分ではなかったように思う。

それからコスメ置き場の片隅に仕舞っておいたゲランの口紅。
先日ふと、この存在思い出して塗ってみた。

あれ?なんだか似合うんじゃない?

年齢だけは、ようやくこの口紅に追いついたのかもしれない。
これからは、中身も伴えるようになっていきたいと思う。
この口紅を塗る度に、あの「素敵な女性」に近づける気がする。




思うに、アラサーなんて唇の血色が良いから、シアーなグロスで十分なのね。アラフォーともなると、発色の良い口紅の方が顔色にパッと華やかさが加わってマッチするのかも。
いつもオレンジ系やレッド系が多くこういうピンク系の色は初めてかもしれません。大人の女性らしい色です。

posted by 黒橡 at 00:00| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

ルベル/イオシリーズ

Fotor_14538532161954.jpg


この成績表を立ち上げた頃は、シャンプーと言えば合成界面活性剤やらポリマーが多く使用されているものがメジャーで、それ以外の自然派と言われるものは探すのも困難な状態でした。

ここ数年ですかね、「ノンシリコンシャンプー」という名前で、髪や頭皮に良い、という売りを前面に押し出した商品が主流となりつつあるのは。

しかし、ノンシリコンシャンプーと謳った商品は世に多くあれど、なかなかしっくりくるものがなかったのですが…ここ数年は、シャンプーはtamanohadaのシャンプーとリンスを使用しています。

石鹸ベースで成分表示の数も少なく、泡立ち、香り立ちがとても良く、パッケージもそこそこお洒落

基本的な「シャンプーリンス」としては十分すぎるほど要件を満たしています。

…ですが、当方の髪の毛は加齢によるものなのか(?)、これだけでお手入れ終了!でもサラサラバージンヘア〜♪と喜べる状態ではとてもなく💧💧

切れ毛は多く、毛先は好きな方へはねまくり、なによりもキシキシと絡みやすい⤵

うん、どう見ても、ケアが足りていない⤵⤵

そこで情報収集したところ、たどり着いたのが「ルベル」の「イオ」シリーズでした。

左がお風呂で使用するトリートメント「イオ クリーム メルトリペア」、右が洗い流さないトリートメント「イオエッセンス スリーク」。

まずトリートメントの方でかなりきしみが無くなります。トリートメントという名前ですが、特別な集中ケアのための「トリートメント」ほど濃厚でもないので、毎日使用することができます。
そして洗い流さないトリートメントは、出かける前にさっと塗って手櫛でおさえるだけで髪の毛がまとまり、指どおりも滑らかに!うっかりつけすぎても、オイルと異なり浸透するのでベタ子さんにはなりません。

うーん、この指どおりはおそらくポリマーのおかげかとは思いますが…髪の毛がボサボサの原人から、現代人に進化できた!それくらいの変化を感じました。
なかなかお手入れの時間が取れない余裕のない朝、この手軽なお手入れ…大変気に入っています!

紫パッケージのジャータイプもぜひ試してみたい…と思いつつ、お風呂場の置き場所を考えるとこちらのパッケージの方が良いんだよなぁ🌀

ちなみにアマゾンだとかなりお安く手に入るようです。

今後のヘアケアとしては、最近の技術によりドライヤーでもかなり髪の毛が変わるそうなので、いずれ購入してみたいと思っています。
posted by 黒橡 at 00:00| ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

お知らせ


    

去年の10周年記念記事を除くと長い間放置していたこちらのブログですが、
そろそろちょこちょこと備忘録を投稿していこうかなと思います。

それにあたって、以前のような形式(メーカ名、ブランド名などの記載)は
少しばかり手間がかかるので、今後は自由スタイルで記事を書くことにします。

(管理人二人の好きな様式ですので、もし気が向けばメーカ名などの
記載もあるかもしれません)

以上、簡単ですが、お知らせでした。

    

posted by 黒橡 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。