2015年10月31日

黒橡のお気に入りコスメ2015

私こと黒橡。2015年の状況はと言いますと…めっきりアラフォーでございます。なんか日本語おかしい?

アラフォーともなりますと、シミは隠れないし笑えばシワはくっきり。肌の弾力は無いし髪の毛には栄養がいきわたらない(白髪もチラホラ)…ああ、これが現実。

「誰もが年を取る」
「シミ、シワにも私の年輪が刻まれている」


などと自分に言い聞かせて心を整えている今日この頃であります。

そんな私の今日この頃のお気に入りグッズ…ご紹介したいと思います。

cosme_t_line.gif

💠基礎化粧品

この記事を書くにあたって、改めて調べてみました。

化粧水、トゥヴェール
美容液、トゥヴェールリンク先はルファーマ
日焼け止め、ラ・ロッシュ・ポゼ・・・

書いてみてびっくり、全部成績表に載ってるアイテムだった…いや、もちろんここ数年で色々試したりしてるんですよ。
でも、結局ここに戻ってくるんだよね…心の港?

特にトゥヴェールは使ってると肌の調子が良いので、私とは相性が良いんだと思います。

同じアイテムでも年々開発を重ね、どんどんグレードアップしてるのもついつい購買意欲をかき立てられてしまう要因です。

とはいえ、こちらのシミは年々濃くなってる&じわじわと増えつつありますが…(^_^;)

メイク落としには、石鹸を使用しています。

ちょっと落ちにくいメイクだったかな?という日は、ホホバオイルでオフしてから石鹸を。

まぁほとんどメイク直しもしないし一日の終わりにはクレンジングなんて特に必要ないくらいメイクは落ちまくっているようです…トホホ。

さて、そんなクレンジングに使用する石鹸には「アトリエキク」さんのものがすごーく良かったです。

石鹸で肌状態が良くなるんだ、というのを初めて実感できた石鹸です。

こちら作られているのが岐阜県でして、美しい水と、豊かな土地からの自然の恵みという環境そのものが、丁寧に作られた石鹸に込められているような気がします。

オンラインでしか購入したことが無いのですが、いつかその地へ赴いてみたいと憧れています。

売り切れも多く、ここ最近使用出来ていないのですが、いつか大人買いできたらな〜と思っています。

スペシャルケアとしてはチョコチョコといろんなメーカのをつまみ食いをしていますが、特に決まったものは使っていません。

cosme_t_line.gif

💠 メイクもの

メイクで特筆すべきものは、なんといってもファンデーションにシャネルの「ル・ブラン」を清水買いしたことです。(実はごく最近のことなのですが)

upload_-1.jpg

このブログを読み返すと、しつこく「MMU」「MMU」とミネラルメイクアップファンデーションを連呼しておりました。そして実際にごく最近まで、ずーっとしつこくMMUを使用していたのだけど…。

この年になると、ふっと鏡にうつる自分を意識したとき…「ウギャーなにこのイケてない女は!」って再認識することが多くなりまして。

テカテカだわ顔色悪いわアイメイクもノってないわ。

私の年齢だともう、色々隠したいしメイクで補いたいんですね。

「すっぴんで勝負」なんて絶対絶対ノーモア!無理なお年頃なのですよ(いや良く考えたら未だかつてすっぴんで勝負できたことないけどな)。

この際、一般的に「良い」と言われているものに、年齢相応にトライしてみよう!と、一大決心して、ポーンと「ナチュラル」から対極ともいえる(?)シャネルさまへと至ったわけです。(前置き長い)

結論として、シャネル様…良い!!
化粧のノリも良いし、カバー力はあるし、崩れ方が全然違う!!
かといってクレンジングし辛いということもないし、肌の調子も崩れることもなくて。

「おれに任せとけ、外出時の肌のことはもう気にスンナ」

って言われてるみたいで、嬉しかったです。(シャネル様をこんな風に描写してすみません)

ほんのり「外資系の化粧品」の香りがするのも微妙にテンションアップしますね。

リピ出来るのかどうかは不明ですが、これが一つあると「いざ」っていう時にすごく頼もしく感じられます。

あと最近買ったものでは「NARS」のチークが良かったです。

upload_-1(1).jpg

キラキラって若い子だけのものかと思っていたのだけど…そうではないのね!オバチャンにこそメイクによる華やかさが必要なんだね!

upload_-1(3).jpg
分かりづらいですが、タール色素無しの適度なキラキラ

cosme_t_line.gif

💠 ヘアケア

おばちゃんっぷりをアピールして申し訳ないですが、この年齢にもなると、髪の毛にもてきめんにダメージが現れまする。

どんな美容師にかかっても「うーんイマイチだなあの美容師…!」と思ってしまうんだけど、これ、美容師の腕じゃないのね。ただの髪の老化と、自分の意識がそれに対応できていないだけなんだわ。

いや、カリスマ美容師の手にかかればまともになるかもしれませんが…あいにくとカリスマ美容院にかかる余裕なぞはなく。

とはいえ、髪の毛ごときにそうお金もかけられないので、ジョンマスターなんてものは常用できず、かといって以前、シャンプーを色々試していたら頭皮がカユカユになってしまったことがあるので…そこそこ自然派でも行きたい。

シャンプー、リンスは「TAMANOHADA」シャンプーをベースに使い、トリートメントに、「ルベル」のイオクリームを使用することで最近は落ち着いてるかな。
でももうちょっとツヤが出るとか、まとまりやすくなるとか、そんな商品があればいいな〜と思ったりもしています。

TAMANOHADAのシャンプーは泡立ちも香りも良いので好きです!(ちなみに香りはガーデニア)

cosme_t_line.gif

💠 番外編

年齢を重ねるごとに「良い」と実感しているのは、SUQQUの「アイラッシュカーラー」
成績表にも記事にしてあるのだけど、それから考えると少なくとも5年以上は使用してることになります。

若いときは眼球にグイ、とやるのがイマイチフィットしないときもあったんだけど…オバチャンになってくると瞼って下がるんだね。現在、めちゃめちゃフィットしております。
なんか瞼がキュっとあげられるような気もします(ツボ押し?)。

ひとつひとつが職人技でもって作られており、とても丈夫そう。
おそらくこの先、一生ビューラーは買うことは無いのではないかなという予感がいたしますよ…!

cosme_t_line.gif

アラフォー=トシヨリみたいな記述が多く見られますが(多分、10年後の自分が読んだら若いくせに何言ってんだ自分!!とか思うんだろうな…)、でも、決して若くありたいわけではないんですよね。

むしろ若作りしすぎた人は痛々しく思えるし、不自然な美しさは既に「美」ではないと思うので。
年齢相応の、そして状況に応じて、今できる「綺麗」を目指していけたら、と思っています。

posted by 黒橡 at 00:02| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。