2016年01月15日

ルベル/イオシリーズ

Fotor_14538532161954.jpg


この成績表を立ち上げた頃は、シャンプーと言えば合成界面活性剤やらポリマーが多く使用されているものがメジャーで、それ以外の自然派と言われるものは探すのも困難な状態でした。

ここ数年ですかね、「ノンシリコンシャンプー」という名前で、髪や頭皮に良い、という売りを前面に押し出した商品が主流となりつつあるのは。

しかし、ノンシリコンシャンプーと謳った商品は世に多くあれど、なかなかしっくりくるものがなかったのですが…ここ数年は、シャンプーはtamanohadaのシャンプーとリンスを使用しています。

石鹸ベースで成分表示の数も少なく、泡立ち、香り立ちがとても良く、パッケージもそこそこお洒落

基本的な「シャンプーリンス」としては十分すぎるほど要件を満たしています。

…ですが、当方の髪の毛は加齢によるものなのか(?)、これだけでお手入れ終了!でもサラサラバージンヘア〜♪と喜べる状態ではとてもなく💧💧

切れ毛は多く、毛先は好きな方へはねまくり、なによりもキシキシと絡みやすい⤵

うん、どう見ても、ケアが足りていない⤵⤵

そこで情報収集したところ、たどり着いたのが「ルベル」の「イオ」シリーズでした。

左がお風呂で使用するトリートメント「イオ クリーム メルトリペア」、右が洗い流さないトリートメント「イオエッセンス スリーク」。

まずトリートメントの方でかなりきしみが無くなります。トリートメントという名前ですが、特別な集中ケアのための「トリートメント」ほど濃厚でもないので、毎日使用することができます。
そして洗い流さないトリートメントは、出かける前にさっと塗って手櫛でおさえるだけで髪の毛がまとまり、指どおりも滑らかに!うっかりつけすぎても、オイルと異なり浸透するのでベタ子さんにはなりません。

うーん、この指どおりはおそらくポリマーのおかげかとは思いますが…髪の毛がボサボサの原人から、現代人に進化できた!それくらいの変化を感じました。
なかなかお手入れの時間が取れない余裕のない朝、この手軽なお手入れ…大変気に入っています!

紫パッケージのジャータイプもぜひ試してみたい…と思いつつ、お風呂場の置き場所を考えるとこちらのパッケージの方が良いんだよなぁ🌀

ちなみにアマゾンだとかなりお安く手に入るようです。

今後のヘアケアとしては、最近の技術によりドライヤーでもかなり髪の毛が変わるそうなので、いずれ購入してみたいと思っています。
posted by 黒橡 at 00:00| ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。