2008年02月18日

ハーバー/パウダリーファンデーション

ハーバー ファンデーション

評価 3 (普通)

メーカー名 ハーバー研究所
ブランド名 ハーバー
商品名 パウダリーファンデーション
アイテム パウダーファンデーション
その他 2730円(リフィル)/13g
入手法 HABAカウンター

使用感

SPF20・PA++。
全六色。
薄付きで軽い付け心地です。
小さめの毛穴ならそれなりに隠れ、
色むらがさっと均一になるくらいの感じで、
あまりカバー力は期待しない方が良さそう。
崩れるのも早いですが、「崩れる」というより「なくなる」感じなので、
汚くなく化粧直しもしやすいです。
リニューアル前のものも使っていましたが、
前よりはずっと塗りやすくなっていてスポンジでも綺麗に塗れます。
(以前は伸びがやや悪くスポンジだとムラになり、
 パフで載せた方が綺麗だと思いました)

とにかく色選びが大変でした(´Д`;)
私は、色々試してライトナチュラルを選びました。
私には少し明るいのですが馴染むと目立たないし、
何よりオークル系とナチュラルは
時間が経つと赤黒くくすんでしまったためです。
塗った瞬間色が合っていると思っても、
出来るなら時間を置いて試してから色を選んだ方がいいと思います。

肌が軽い感じがして良いのですが、
同程度の成分でもうちょっと仕上がり(カバー力)について
こだわれるかもしれないなあと思うので、
この評価で。
でも、現状、肌に軽いメイクにしたいけど
それなりにきちんと化粧感が欲しい時に重宝しています。

成分
タルク、マイカ、酸化チタン、ジメチコン、ナイロン−12、アミノプロピルジメチコン、水、スクワラン、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、チャエキス、アロエベラエキス−3、ホホバ油、マカデミアナッツ油、ヤシ油、BG、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、キャンデリラロウ炭化水素、炭酸Ca、水酸化Al、アルミナ、シリカ、エタノール、(+/−)酸化鉄

色選びについて
posted by 千歳碧 at 00:00| パウダーファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

セザンヌ/ウルトラカバーUVファンデーション

セザンヌウルトラカバー

評価 4 (優秀)
メーカー名 セザンヌ化粧品
ブランド名 セザンヌ
商品名 ウルトラカバーUVファンデーション
アイテム パウダーファンデーション
その他 全4色 ケース入り:税込み630円 / レフィル:税込み504円
入手法 ドラッグストア

使用感

セザンヌのUVファンデーションNが普段使いなのですが、
こちらは同メーカーの商品でその名の通りカバー力に優れている商品
とのことで興味を持ちました。

UVファンデーションNと比べ、確かにカバー力があります。
カバー力というとUVファンデーションNでもそこそこあるのですが、
こちらはより「ファンデーションを塗っています」という感じの仕上がりに。
厚塗りという訳でもないんですが…。
それゆえ、オフィスメイクが映えるベースメイクになると私は思います。

UVファンデーションNと同様、塗ってすぐは少々粉っぽい感じですが、
時間とともに馴染みます。ツルっとした感じに。

UVファンデーションNは6色なのにこちらは4色しか出ていないので
(2006年5月現在)、私が現在使用しているUVファンデーションNの
番号の色が無いのが少し困るかなぁと。もう少し明るい色を出して欲しい…。

モチはUVファンデーションNよりは良いかな…?あまり変わらないかな??
一日中メイク直しをしなくて済む、ということはありませんので…。

悪い物ではないのですが、やはり「オフィス用」という感じが否めず、
個人的には軽いタッチのUVファンデーションNの方が出番が多いです。
好みの問題だと思いますが…。

ただ、これよりも5倍〜8倍のお値段のファンデーションを使用したことが
ありますが、それよりもよっぽど使いやすかったです。
UVファンデーションNと共に、常に待機させておきたい一品です。


ところで、私が買ったDSではケース入りしか売っていませんでした。
このケースがどうにもこうにも私の好みでは無く…。
セザンヌウルトラカバーケース

UVファンデーションNでも書きましたが、セザンヌは他社のケースにも
入るので、こちらはレヴューのケース(パフを入れる部分)に入れました。
なかなか良いです るんるん
セザンヌインレヴュー
が、人間の慣れとは恐ろしい物で、「パフは右」という観念が染み付いているらしく、
私は何度もこのファンデーションに指を突っ込んでしまいました あせあせ(飛び散る汗)
慣れれば大丈夫ですが…。もし試される方がいらっしゃればお気をつけ下さい。

成分
マイカ、酸化チタン、ジメチコン、シリカ、酸化亜鉛、ミリスチン酸亜鉛、水酸化Al、ステアリン酸、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、メチコン、フェニルトリメチコン、スクワラン、リンゴ酸ジイソステアリル、(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジベンタエリスリチル、キトサン、オクテニルコハク酸トウモロコシデンプンAl、硫酸Ba、トコフェロール、(メチルパラベン・プロピルパラベン・ブチルパラベン)、酸化鉄、タルク


千歳碧のレビューを読む
posted by 黒橡 at 23:51| パウダーファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セザンヌ/UVファンデーションN

セザンヌUV

評価 5 (満点!)
メーカー名 セザンヌ化粧品
ブランド名 セザンヌ
商品名 UVファンデーションN
アイテム パウダーファンデーション
その他 全6色。ケース入り:税込み525円 / レフィル:税込み399円
入手法 ドラッグストア

使用感

個人的には「使っていてあたりまえ」の商品のため、記事にするのを
忘れていましたあせあせ(飛び散る汗)
結構そういう商品、他にもあるかも…。

上記写真はレフィルの1番(クリームベージュ)です。
…実は色の番号を間違えて買ってしまいました。私の肌だと本当は5番です 失恋
これも塗れないことはないんですけど…。

正直、最初は非常にこの商品は軽視していました。
ドラッグストアで買える!しかもレフィルで399円!
成分は比較的良好(ポリマーあり)とは言うものの、
「お肌に優しい」ということをウリにしている他社の商品と
同様、「お肌には優しいけど、仕上がりは粗い」のだろうと
タカをくくっていました。

ところがどっこい。

私は普段はリキッドが好みなのですが、こちらは塗ってすぐ
粉っぽく、どうもお肌から浮いている感が否めませんでした。
「あぁやっぱり・・」
と一瞬失望したのですが、10分、15分後…
妙に、お肌にピタッとフィットしています。馴染む、馴染む!
ツルっとした仕上がりになります!

比較的カバー力もあると思います。同じメーカーの
ウルトラカバーUVファンデーションも記事にしていますが、
UVファンデーションNは「ウルトラカバー」というほどではないですが、
そこそこ隠れます。隠すものは隠して、かつ、ツルっとした質感でナチュラルな感じ。

汗に多少弱いかと思いますが、朝塗ってお昼に
「化粧の跡形も無い」
ということはありません。モチはそこそこかと。

何しろお値段が安く、DSで買えるので普段使いにもってこいです 黒ハート
リピートしまくりです。これからもすると思います。

さて、商品自体の効果とは関係ないのですが、どうもこちらのケース、
個人的にお化粧に対するモチベーションが上がらない…。
ので、私はボディショップのファンデーションケースに入れて使用しています。
ボディショップもモチベーションが上がるというわけでもないのですが、
普通に使用できますよ。
他にも入るケースが色々あるようなので、手持ちのケースで試してみては
如何でしょうか。


成分
マイカ、タルク、酸化チタン、ジメチコン、シリカ、酸化亜鉛、ミリスチン酸亜鉛、フェニルトリメチコン、水酸化AI、ステアリン酸、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、キトサン、オクテニルコハク酸トウモロコシデンプンAI、スクワラン、メチコン、パラベン、リンゴ酸ジイソステアリル(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、トコフェロール、酸化鉄

千歳碧のレビューを読む
posted by 黒橡 at 23:21| パウダーファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

ラヴェーラ/ナチュラルコンパクトフェイスパウダー

ラヴェーラ

評価 2 (赤点)

メーカー名 ブルーメンハウス
ブランド名 ラヴェーラ
商品名 ナチュラルコンパクトフェイスパウダー
アイテム パウダリーファンデーション
その他 3360円 / 11g
入手法 バラエティショップ/ロフト・ハンズ等(公式HPにショップリスト有)

使用感

香りが若干キツめ(南国っぽく花っぽい・・・)。
使用期限は開封後3年。

NO1.「一般的な肌色」を使用。
ファンデーションという分類が若干疑問です。
プレストパウダーなのでは・・・というカバー力。
毛穴は下地次第、シミやニキビ痕はヴェールをかぶせる程度。
そして、とても粉っぽいです。
パフで滑らせる塗り方では均一に塗れないと思います。
毛足長めのパフで叩き込むようにするのが良いかと・・・下地はもちもち系を推奨。
ややテカりを抑える効果有り。

持ちは、正直言って悪いです。
午前中であっという間に顔面からなくなります。
汚い崩れ方ではなく、「なくなる」という言い方が相応しいです。
この成分では仕方ないか・・・という感じですが・・・。
肌に対する圧迫感はその分ありませんけれども、
いくら何でもちょっとバランスが悪いかな、という感じでした。

ただ、プレストパウダーとしては中々良いと思いました。
特に同じラヴェーラのリキッドファンデに合わせるときめ細やかな肌に見えて良かったです。

ケースは薄めでスタイリッシュ。
ナチュラル系のコスメにしては素敵だと思いました。
でも、付属のパフはせんべいのようで使えませんでした。
薄くてチクチク。
代わりのパフを探しましたが、この薄いケースにおさまらなくて大変でした。
(プレストパウダー用の薄めのパフが○)
レフィルはないようです。

色展開が、「一般的な肌色」と「健康的な肌色」の2つという豪気なところは
何か好きです。
(色白さんを素で無視)

成分

タルク、ステアリン酸Mg、シリカ、マイカ、トリカプリリン、
香料(エッセンシャルオイル)、酢酸トコフェロール、ダイズ油、ホホバ油、
オリーブ油、トウキンセンカエキス、酸化鉄
posted by 千歳碧 at 00:00| パウダーファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

ポール&ジョー/パウダー ファンデーション

P&Jファンデ

評価  2 (赤点)
メーカー名 アルビオン
ブランド名 ポール&ジョー
商品名 パウダー ファンデーション
アイテム パウダー ファンデーション
その他 リフィル \3,150 スポンジ付ケース \1,575
入手法 ポール&ジョー カウンター

使用感

P&Jファンデ2
01を購入しました。ケースは3種類あるうちのどれにも
入るそうなので、私はプレストパウダーケースに
入れることにしました。
通常のものと形は同じなんですが、パール感のあるケースです。

ここのところセザンヌのUVファンデーションNばかり
使用していたのですが、セザンヌは使用感は良いのですが
どうもモチベーションも上がらず楽しくない…。
ということで、こちらのファンデを使ってみることにしました。

テスターでは01は他の色に比べて一番明るい色かな、と
思ったのですが、イマイチよくわかりません。
BAさんにも特に何も言われませんでした。
画像は明るめに写っていますが、実物はもう少し濃い色かも?

まずカバー力は一切ありません。驚くほど・・・ふらふら
私はニキビ痕が結構あるのでカバーできないと困ります。
焦って厚塗りしてもやはりカバー力はありません。
逆に言えば軽い付け心地かも?
カバー力がきちんと無い割には、01は私の肌の色よりも濃かったです もうやだ〜(悲しい顔)
(テスターをきちんとつけなかった私も悪いんですが)

崩れ具合は割と早いと思います。
カバー力が無いので余計そう思うのかもしれませんが。
また、時間と共に赤黒くくすみます あせあせ(飛び散る汗)
これにはビックリしました。アラが目立ち、厚塗り
すればするほど崩れも汚く見えます。こ、これは使えない・・・。

けれども、だからといって1回の使用で捨ててしまうのは
あまりにももったいないので、私はコレをお直し用に使ったり、
リキッドファンデの上からブラシでつけることにしました。
ブラシでつけるとくすみも少なく、ツヤ消し効果がありました。
微細パールが入っているとのことで、適度なツヤになる
ということでしょうか。

うーん、このファンデがポーチから見えるとすごく乙女心を
擽られて楽しくなるんですが、効果がちょっと・・・。
お肌が元々綺麗な方は良いのかもしれません。

私はセザンヌUVファンデーションNの方をメインに使おうと思います…。



成分
タルク・ジメチコン・ナイロン-12・ジオクタン酸ネオペンチルグリコール・ラウリン酸亜鉛・オレンジフラワー水・トウキンセンカエキス・トコフェロール・ハイブリッドヒマワリ油・ヒアルロン酸Na・ブドウ種子油・ユリエキス・BG・エタノール・シリカ・メチコン・水・フェノキシエタノール・メチルパラベン・香料・(+/−)・マイカ・酸化チタン・酸化鉄

千歳碧のレビュー
posted by 黒橡 at 10:04| パウダーファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。