2009年08月11日

メイクアップフォーエバー/HDハイディフィニションファンデーション

D1000010.JPG

評価 評価しない
メーカー名 LVMHコスメティック
ブランド名 メイクアップフォーエバー
商品名 HDハイディフィニションファンデーション
アイテム リキッドファンデーション
その他 30ml/6300円
入手法 取扱店舗、サロンなど

使用感

メイクアップフォーエバーは、主に舞台やTVなどで
活躍する人に向けたプロユースのメイクブランド。
なぜかブランド名は英語ですが、1984年にフランスで
立ち上げられたメーカーです。

このHDハイディフィニションファンデーションは、
毛穴まで見えてしまうハイビジョンテレビに写しだされてもOKで、
「素肌のようにナチュラルなのに、しっかりカバー」できる
ことをウリにした商品です。

肌にハリを与える新ジェルも配合しており、水や
汗にも強く、オイルフリーでテカらない…そうです。

26色も展開しているそうなので、自分の肌に
ピッタリ合った色が見つかるのではないでしょうか。
(もちろん2色購入し、組み合わせて色を
作ることも可能です)

久々にMMU以外のファンデーションを購入してみました。
ハイビジョンテレビに映る準備の必要は皆無ながら、
その高性能ファンデーションにとにかく興味津々だったので!

2〜3プッシュを手に取り、お肌にスルスルと指で
塗っていきます。
軽く、圧迫感が全くありません。
また、重ね塗りをしたとしても、汚くなりませんし、
重ねても軽い状態が続きます。
が、カバー力はあまり無いので、どうしても隠したい
シミにはあらかじめコンシーラーで
隠しておいたほうが良いと思います。
ハイビジョン対応=厚塗り?!というイメージですが、
これはちょっと意外。

仕上がりは、「ツルッ」としているものの、
テカらず、マットでもなく…。
特に頬の高い部分の肌を褒められました。
一日使用して汚い崩れ方はしませんでした。

一日オフィスで過ごしたところ、乾燥はしました。
(まぁこのファンデーションに限らず、どんな
ファンデーションでも乾燥するのですが)

そして何よりも…MMUファンデーションに慣れてしまった
私の肌にはどうも刺激が強すぎるのか、毎回、
これを使用した翌日には白ニキビができます…。
かーなーしーい…。

MMUにありがちなモッサリとした「塗った」感が
全く無いこの美しい仕上がりは嬉しい…。
しかし、肌あれが怖くて使うのを少し躊躇ってしまう…。
デイリーユースはちょっと無理なので、
「ここぞ」という時に使っています。

「肌荒れ」という意味では赤点をつけてしまいたいのですが、
けれどもこの仕上がりは気に入っているので、
甘いようですが「評価しない」ということにします…。
残念。

成分
シクロペンタシロキサン、水、PEG-10ジメチコン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、マイカ、タルク、ビオサッカリドガム−1、フェニルトリメチコン、塩化Na、ラウロイルリシン、ジメチコンクロスポリマー、カプリル酸グリセリル、メチルプロパンジオール、加水分解酵母、フェノキシエタノール、ミリストイルグルタミン酸Na、クロルフェネシン、ジステアルジモニウムヘクトライト、BG、シクロヘキサシロキサン、セスキオレイン酸ソルビタン、炭酸プロピレン、香料、メチルイソチアゾリノン、メチルパラベン、ヨーロッパブナ芽エキス(+/-)酸化銀、酸化チタン、酸化鉄

2009年04月20日

クルールキャラメル/クリームファンデーション

クルールキャラメル クリームファンデ

評価 3 (普通)

メーカー名 NATURE.COS
ブランド名 クルールキャラメル
商品名 クリームファンデーション
アイテム クリームファンデーション
その他 6930円/50ml
入手法 東急ハンズ

使用感

顔に伸ばしたとき、絵の具(原液)を塗っているような感覚に陥りました。
「クリーム」という言葉から想像するより、ちょっと硬めの質感です。
仕上がりもマット。
適当に指で伸ばすと筋がついてしまう。
ムラになりやすいので、下地との相性を選ぶと思います。

色は「ライトベージュ」を購入しました。
ちょっと黄色味の強いオレンジ。
他の色では合わないので消去法です。
「これ、顔色がオレンジになるのでは…」と危惧したものの、
伸ばしてしまえばそんなに気になりませんでした。
HPだと一番明るい色は「ライトサンドベージュ」に見えるのですが、
実際店頭で見たら、そちらは黄黒っぽく見えました。
ただ単にテスターが変色していただけかもしれませんが、
どちらにせよ黄味の強い色のようです。
色数はたくさんあるけれど、色選びは大変かもしれません。

カバー力については、何となく顔の色むらを均一にする感じで、
シミやニキビ痕はあまり隠れません。
毛穴は何となく隠れるかな〜くらい。

小鼻の周りは夕方には落ちてしまいますが、
頬のほうは割と化粧感が残っていて、
自然派ファンデにありがちな
「全部落ちる」ということはありませんでした。
また、激しくくすむことも無かったです。

成分の内容が見方によっては同じカテゴリではないので、
同じ土俵で語るのは何ですが、
「オーガニック」がついていて最近発売された
「ナチュラグラッセ」のリキッドファンデーションと比較すると、

【カバー力】
 ナチュラグラッセ≧クルールキャラメル

【持ち】
 ナチュラグラッセ≧クルールキャラメル

【肌への優しさ(*個人的感覚)】
 クルールキャラメル>ナチュラグラッセ

【使いやすさ(伸びなど)】
 ナチュラグラッセ>クルールキャラメル

【1mlあたり価格】
ナチュラグラッセ  199.5円
クルールキャラメル 138.6円
 

自分が一番重視するのはカバー力なのですが、
ややナチュラグラッセのほうがカバー力ありとはいっても、
大雑把にカテゴリ分けすれば、どちらも
「外出するのにまあ支障がない(見苦しくはない)」程度です。

しかし、どちらをもう一度買うか、と言われたら、
ナチュラグラッセかもしれません。
何故なら、手持ちのどの下地とも比較的あわせやすく、
朝の忙しい時間にメイクしやすいから。
クルールキャラメルは下地との相性でムラになりやすいのが
自分にとって大きな難点かなと。
特にサラサラ系の日焼け止めを使うと大変なことになりますたらーっ(汗)
1mlあたりの値段が安いのは魅力的なんですけどね。

同じクルールキャラメルの下地を使ったら、
このあたりは感想が変わるかもしれませんが、
現時点ではこういう評価になりました。

成分
【ライドベージュ】
水分、ヤグルマギク花水、酸化チタン、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ホホバ種子油、オレイン酸デシル、クエン酸ステアリン酸グリセリル、オリーブ油脂肪酸デシル、クエン酸オレイン酸グリセリル、セタノール、結晶セルロース、セルロースガム、アーモンド油、酸化鉄、エタノール、スギナエキス、ベンジルアルコール、スクワラン、キサンタンガム、バオバブ油、スイカ種子油、香料、トコフェロール、フィチン酸、デヒドロ酢酸
posted by 千歳碧 at 00:00| リキッド・クリームファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

ナチュラグラッセ/ファンデーションピュレ

ナチュラグラッセ ファンデーション

評価 4 (優秀)

メーカー名 ネイチャーズウェイ
ブランド名 ナチュラグラッセ
商品名 ファンデーションピュレ
アイテム リキッドファンデーション
その他 20ml/3990円
入手法 バラエティショップ

使用感

本日発売のナチュラグラッセ。
下地と同じく先行発売で先週手に入れたので、少し早いですが現時点での感想をレポートします。

色は3色展開で、YE1を購入しました。
とにかくどれも色が合わない(ーー;)
YE1は、私には黄味は丁度良いのですが、少し白っぽくなりました。(YE2ではちょっと濃い)

ご参考までに、手の甲に出した色、伸ばした色を載せておきます。

(蛍光灯の下、フラッシュなしで撮影です)

ナチュラグラッセ ファンデ 色見本

容器はプッシュ式で使いやすいです。
ややねっとりとしたクリームに近い質感で、仕上がりは総じてナチュラルでありつつも、
カバー力が期待していたよりはありました。
シミが隠れるほどではないですが、
同ラインの下地と合わせると色むらや毛穴はちゃんとカバーできます。
ちなみに比較対象は今まで自分が使ったことがある
ラヴェーラやははぎくの水おしろい、ベアミネラル(水溶き時)など、
全て同じ土俵で語るには若干疑問かもしれませんが、
一応「肌にやさしい」と謳われているカテゴリのリキッド状のファンデです。

使い心地は軽く、圧迫感は弱いです。
半日以上つけている日も特に肌トラブルなく使えています。

上に他社のルースパウダーを重ねていますが、ファンデの保ちも悪くなかったです。
夕方には小鼻の周りはややハゲてしまいますが、鼻の頭にはそこそこ残っていたり。
「いつの間にかなくなっている」という感じで崩れ方が汚くないです。
また、赤くすみなどもありませんでした。

手に伸ばしたとき、強く布で拭くと綺麗に取れました。摩擦には弱いかもしれません。
30度前後の気温下で使用しましたが、汗ですぐに落ちるという感じはありませんでした。
(ただ、汗によって多少よれます)
SPFが無いのが真夏使用には不安ですけれど、日常使いには耐えるなと思いました。
逆に言うと化粧落としが楽です。
まだ試してないけれど、石鹸だけでひょっとしたら落ちるかもしれません。

今まで自然派の軽いファンデーションを使うと、どうも崩れ方や仕上がりが気になって、
夜まで用事のある日や汗をかく日、化粧直ししにくい日などは使う気がしなかったのですけど、
こちらはそこまで気にならないのが嬉しかったです。
江原道・アグレデュールなどのリキッドファンデに比べれば
カバー力・保ち・仕上がり共に劣りますが、
あくまで自然派ファンデの中で考えると中々優秀なのではないかと思いました。
そう言う意味での「4」をつけました。

ただ、色が合わないのと、クルールキャラメルのリキッドファンデーションが気になるので、
また買うかどうかは微妙です。

なお、こちらは下地と違い、フローラル+柑橘系の香りがついています。
花粉症なので顔につける化粧品に正直香りは要らないと思っていましたが、
かすかな香りですぐに飛ぶので気になりませんでした。
HPによると、バニラ果実油、レモングラス油、オレンジ油、イランイラン油、
アオモジ果実油、ローズ油など天然精油で香り付けされているそうです。

成分
水、エタノール、グリセリン、ベヘニルアルコール、スクワラン、マカデミアナッツ脂肪酸エチル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、パルミチン酸セチル、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ウンデシレン酸グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、アボガド油、ゴマ油、ゼニアオイエキス、ムラサキバレンギクエキス、エピロビウムフレイスケリエキス、バニラ果実エキス、オレンジ油、アオモジ果実油、レモングラス油、イランイラン花油、ローズ油、キサンタンガム、水添レシチン、ステアロイル乳化Na、パルミトイルプロリン、パルミチン酸デキストリン、パルミトイルサルコシンNa、パルミトイルグルタミン酸Mg、パルミチン酸、トコフェロール、酸化チタン、酸化鉄
posted by 千歳碧 at 00:20| リキッド・クリームファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

アグレデュール/プレミアムフォーミュラファンデーション

アグレデュール

評価 4.5 (優秀〜満点)

メーカー名 クローラ
ブランド名 アグレデュール
商品名 プレミアムフォーミュラファンデーション
アイテム リキッドファンデーション
その他 7350円/40g
入手法 LOFT/通販HP(エスフィールドさん)

使用感

以前にサンプル請求して、江原道のリキッドファンデとの比較記事を書きました。(→こちら
あれから一ヶ月後、現品を購入しました。

サンプルは02番でしたが、現品は01番を購入。
一番白い色だそうですが、こんなお色です↓

汚っ

この写真、汚い上に自分自身が影になっていて暗くて申し訳ないのですが、
実際結構暗いお色で、私の顔でもすこし濃かったです。
でも伸ばしてしまえばそう目立たなかったです。
白っぽいルースパウダーで調整。

とにかく現品は量が多いです。
一度に出て行く出費は多いけれど、長い目で見たらお得かも。
スポンジ&ケース、スパチュラがついてくるサービスっぷりは素敵です。

カバー力があり、ややマットな仕上がり。
良くも悪くも「仮面」のような仕上がりになります。
この、「塗ります!隠します!」的なところが、
テクスチャは似ているけれど江原道との大きな違いかも。

仮面のような仕上がりには、ナチュラル好みの方は抵抗を覚えると思いますが、
私はお出かけ用に購入したので、
がっつり隠したい!これくらいを求めていたのよ〜くらいの気持ちでした。
(ね、年齢もあるかも・・・・あせあせ(飛び散る汗)
サンプルの時から感じていた、崩れにくさ、テカりにくさがとても心強いです。
小鼻の周りはさすがに少し崩れますが・・・
ちょっぴりお化粧直ししにくい環境で重宝しそうです。

お肌に優しい処方は実感としてはあまりありませんが、
確かに落とした後、顔が疲れていない・ニキビは出来ませんので、
自分基準で良しとしております。
日中、特に息苦しい感じもしません。

江原道と同じく、色展開の少なさが気になるトコロ。
(ただ、色展開がオークル系なので、比較的多くの方に合うのではないかと思います・・・)
あと、カバー力を求めておいてワガママですが、顔が平坦に見えてしまう点も。
これは多色使いで解消できると思いますが、
この容量が二つあったらいつ使い切れるか・・・
半分の量で半額になればいいのにな、と思います。
その点でちょっぴり評価をマイナスしておきます。

成分
水、シクロメチコン、BG、ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、
乳酸Na、ジメチコンコポリオール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸Na、
アロエベラエキス-1、クロレラエキス、カッコンエキス、水溶性コラーゲン、ヒドロキシプロリン、
トコフェロール、グリチルレチン酸ステアリル、メチルパラベン、プロピルパラベン、
セチルジメチコンコポリオール、タルク、酸化チタン、酸化鉄、スクワラン、メチコン
posted by 千歳碧 at 01:50| リキッド・クリームファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

Koh Gen Do/モイスチャーファンデーション

江原道って最初どう読むのか分からなかったよ

評価 4 (優秀)

メーカー名 江原道
ブランド名 Koh Gen Do
商品名 モイスチャーファンデーション
アイテム リキッドファンデーション
その他 6300円 / 25g
入手法 江原道HP / ショップチャンネル

使用感

全3色。SPF15。
「ハイビジョンメイク」という何だか素敵な謳い文句があるファンデーション。
長時間メイクをする女優さんのために開発され、肌に優しいスキンケア処方、
かつ崩れにくい処方なのだそうです。

リキッドというよりはクリームのようなテクスチャでややねっとりしているので、
いきなり伸ばそうとしても綺麗に付きませんでした。
ポイント的に置いて少しずつ伸ばすとうまくいきました。

仕上がりはセミマット。
カバー力は(リキッドファンデとしては)そんなに無いなあと思いました。
色ムラが均一になり、シミは少し薄くなるくらい。でも、毛穴は綺麗に隠れました。
その分、顔につけていてあまり圧迫感がなく楽で、
メイクオフした後も肌が疲れた感じがせず、ニキビも出来ませんでした。
私のニキビと相性がよくない成分の種類(合成界面活性剤)が1つ入っているみたいですが、これは大丈夫だったみたい。

私が特に感心したのは持ちの良さです。
かつ、崩れ方が激しくないので、化粧直しがしにくい環境の日にとても重宝しております。
軽く小鼻あたりが崩れることはありますが、ティッシュで軽く押さえれば元通り復活。
毛穴落ちもしませんでした。
元の仕上がりがナチュラルだから崩れが目立たない、というのもあるのかもしれませんが、
鼻のあたりはやっぱり夕方には剥げてしまうことが多いのに、
鼻の毛穴が主張してくることもなく、
「おお、さすがハイビジョンと銘打つだけはあるな」と思いました。

名前通り、潤いは結構あります。秋冬に使っていて乾燥を感じず、非常に快適でした。
ただ、夏はちょっと暑苦しく感じることがあり、あまり向かなそうな感じがしました。
クーラーの乾燥から守ってくれている感じはあるのですが・・・。

何だかんだ言って結構好きなファンデなのですが、色数が少ない上にお値段が高いのという点で、リピートを阻みます。
私は01と02を混ぜ合わせると丁度良いのですが、その割合も1:1ではなく微妙な数値。毎回、微妙〜に違う色が出来上がります。
コンディションによって肌の色は変わるもの。
「3色を混ぜ合わせて自分の肌色にぴったりな色をいつでも調合」というコンセプトはまったくもって理にかなっているのですが、
どう考えても6300円×3て・・・女優じゃないんだからアンタ。

・・・あ、女優用のファンデでしたっけ(涙)

*追記* 12月にハーフサイズが発売された模様。10gで2940円です。

【ご参考までに各色の色味】

丸
01番はほとんど白に近いアイボリー。
02番はピンク味の強い標準色。(やや色白?)
03番はかなり濃いモカ色。シェーディングによさ気。


よくわからない図ですみません ←伸ばしてみた図。

どの色も私の肌には馴染まない色でした。
02はピンクが強い色なので、
色白で、ピンク寄りの肌色ではない方は、
01に03をほんのちょっと混ぜると丁度良いと思います。

成分
水、イソノナン酸イソトリデシル、ラノリン脂肪酸オクチドデシル、イソステアリン酸ソルビタン、シクロメチコン、グリセリン、BG、トリベヘニン、硫酸Mg、フェノキシエタノール、メチルパラベン、スクワラン、プロピルパラベン、ホホバ油、オレイルアルコール、シア脂、トコフェロール、加水分解酵母エキス、ケープアロエエキス (+/−)タルク、酸化チタン、酸化鉄
posted by 千歳碧 at 17:29| リキッド・クリームファンデーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。