2016年01月16日

ゲラン/ディヴィノーラ リップスティック#272

使いかけの口紅…汚らしく見えたらスミマセン

「可愛い魔女さんね」

魔女の宅急便に出てくる、キキが憧れるキャリアウーマン(?)の女性がキキを見て発する一言。
あの女性は誰もが憧れる「素敵な女性」の普遍的な姿なのではないかと思う。

彼女よりも、おそらく歳だけは重ねている私。
今でもきっと、14歳の魔女を見かけても「可愛い魔女さんね」なんて素敵な言葉を発せられる気がしない。


このゲランの口紅は、7〜8年前に勤務先で知り合った、少し年上の女性が辞めるときにくれたもの。
「これを付けるとほめられることが多いんですよ」
って。
当時30歳になりたての私、そう言われてさっそく試してみたけれど…なんだか似合わなかった。

その頃を思い出すと、よく使っていたのはラメやパールが入ってライトな付け心地のグロスばかり。
この口紅は、なんだか当時の自分には重かった。

素敵な女性にしか似合わないのかもしれない。まだまだ、この口紅に見合う自分ではなかったように思う。

それからコスメ置き場の片隅に仕舞っておいたゲランの口紅。
先日ふと、この存在思い出して塗ってみた。

あれ?なんだか似合うんじゃない?

年齢だけは、ようやくこの口紅に追いついたのかもしれない。
これからは、中身も伴えるようになっていきたいと思う。
この口紅を塗る度に、あの「素敵な女性」に近づける気がする。




思うに、アラサーなんて唇の血色が良いから、シアーなグロスで十分なのね。アラフォーともなると、発色の良い口紅の方が顔色にパッと華やかさが加わってマッチするのかも。
いつもオレンジ系やレッド系が多くこういうピンク系の色は初めてかもしれません。大人の女性らしい色です。

posted by 黒橡 at 00:00| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

ナチュラグラッセ/ルージュドロップ

2010年1月26日追記

ナチュラグラッセ

評価 4.5 (優秀〜満点!)
メーカー名 ネイチャーズウェイ
ブランド名 ナチュラグラッセ
商品名 ルージュ ドロップ
アイテム 口紅
その他 3360円
入手法 バラエティショップなど

使用感

当初の予定では、ナチュラピュリファイの口紅
リピートする予定でしたが、なぜかナチュラグラッセの
クリアレッドを買っていました。

写真では「赤ッ!!」という感じですが、つけてみると
「クリアレッド」という名のとおり。
というかこの写真、ひどすぎますね…あせあせ(飛び散る汗)ザツな写真でスミマセン。

自然派の口紅にありがちな「ベタッ」と付くテクスチュアではなく、
スルスル伸びて、唇自体にも、見た目にも、「塗っている」
という感じが少なく、とっても自然な印象です。
文章にするのが難しいのですが、
健康的な顔に仕上がるのではないでしょうか。

太陽光の元に出ると、細かなチラチラしたラメが
輝きます。この控えめさはなかなか良いですね。
(ギラギラのラメがお好みの方には不向きかと)

この軽さと塗りやすさゆえに、リップブラシなしでも仕上がる
手軽さ!モノグサな私にはピッタリです(笑)

私は、「口紅」のみで終了するよりもその上からグロスを
つけてツヤ感やパールやラメ感を出すのが好きなのですが、
この色はグロスなしでも大丈夫!

私の唇は比較的丈夫なので、これを使い出してから
特に荒れたり酷く乾燥したり…ということはありません。
無味無臭で使いやすいです。

とても気に入りました。

苦言を呈すならば(ルージュフランのときとほぼ同じですが)、
このパッケージ…もうすこし丈夫になりませんか…。
それから、量の少なさもちょっと気になります。

でも、きっとリピートするような気がします…。
他の色もちょっと試してみたいかも。


::2010年1月26日追記::

他の色を試してみました。ベージュピンクのBE3です。
こちらも細かいゴールドラメ入り。
ベージュとはいえ、ピンク?コーラル?という感じ。
塗った感じはクリアレッドと同様、シアーな付きなのですが…
クリアレッドの方が「スルスル」とスムーズに塗れます。
ベージュの方が唇に当たる感触が硬いです。
色によって硬さが違うとは、ちょっと意外。
またちょっとしたイメージかもしれませんが、
硬い=乾燥するような気がします。
クリアレッドの方が保湿効果があるのかな?
多分、最初にベージュピンクを使っていたら
リピートはしなかったかな、と思います。

成分
トリイソステアリン、ホホバ種子油、イソステアリン酸水添ヒマシ油、スクワラン、キャンデリラロウ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、カルナウバロウ、キャンデリラロウエキス、キャンデリラロウエステルズ、トコフェロール、オレンジ油、レモン果皮油、バニラ果実エキス、エタノール、水、ゼニアオイエキス、ムラサキバレンギクエキス、セイヨウニワトコ花エキス、グリセリン、(+/−)マイカ、酸化チタン、酸化鉄、カルミン、グンジョウ
posted by 黒橡 at 00:00| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

クルールキャラメル/ルージュマット

クルールキャラメル 口紅

評価 3.5 (普通〜優秀)

メーカー名 NATURE.COS
ブランド名 クルールキャラメル
商品名 ルージュマット
アイテム 口紅
その他 3.5g/2940円
入手法 東急ハンズ

使用感

クルールキャラメルの口紅はマットとパールの2つに分かれています。
色展開が自然派コスメの中ではダントツに豊富で、店頭でワクワクしました♪
私は、パール無しのマットの中から、「マットオレンジベージュ」を購入しました。
店頭で色々試しましたが、割と見た目通りの色が発色する感じでした。
マットオレンジベージュはこんな感じの色です↓

クルールキャラメル 口紅 色見本

唇に載せても同じ様な発色でした。
ナチュラルなベージュピンク(色名はオレンジですが)で、この色はとても好みです♪

ちなみに、塗ってみるとクレヨンっぽい質感です。
きちんとリップクリームで保湿しないと伸びにくいし、縦皺が素敵に目立ちます・・・たらーっ(汗)
しかし、上からグロスを重ねるなどすればフォローできます。
下地作り、グロスでカバーの手間が要るのでその点がマイナスです。
ただ、塗った感じがあまりにもマットなので乾燥してくるかなあと思ったのですが、
グロスを塗らなくても激しく乾燥してくることはなかったです。
見た目が美しくないだけで、これ自体に潤いはある様子。

また、食べたり飲んだりしなければいつの間にか消えているということもなく、
発色はいつまでもフレッシュでした。
ちなみに、飲み物やティッシュで拭うとすぐ落ちてしまいます。

エコの一環だそうですが、紙の容器なのが少し心配です。
実際、持ち運んでいてフタがはずれてしまい、
勝手に中身が繰り出されてポーチ内が大変なことになっていました。
ポーチ内のゴムバンドに固定して入れたらはずれることはなくなりましたが・・・
持ち運びの際は注意が必要だと思います。

まとめると、

〔難点〕
・クレヨンのようで縦皺が目立つ
・容器が紙製でしみないか心配、フタがはずれやすい


〔利点〕
・色展開が豊富
・発色がきれい


色は好きなので、とりあえずなくなるまでは愛用します。
天然の香りつきだそうですが、正直分かりませんでした・・・。

ちなみに、店頭で手の甲に試しただけですが、パール入りの方は滑りが良さそうでした。
ただ、パールがややギラギラした光り方をして見え、
私の唇では顔色が悪くなってしまうと思い購入は断念しました。

成分
マットオレンジベージュの成分(色によって成分が異なります):

ヒマシ油、酸化チタン、水添オリーブステアリルエステルズ、マイカ、アンズ核油、ステアリン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル、キャンデリラ、酸化鉄、オリーブ油、アンズ核油、ホホバ種子油、香料、アスパラゴプシスアルマタエキス、ブドウ種子油、アスパラサスリネアリス葉エキス、トコフェロール、クロヨナ種子油、(オレイン酸/リノール酸/リノレン酸)ポリグリセリズ、シア脂
posted by 千歳碧 at 00:40| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

草花木果/露紅

草花木果口紅

評価 3.5 (普通〜優秀)

メーカー名 キナリ
ブランド名 草花木果
商品名 露紅
アイテム 口紅
その他 1890円
入手法 草花木果HP

使用感

「和」を感じさせるパッケージやコンセプトがかわいい草花木果。
こちらはタール色素・鉱物油フリーの口紅です。

32番姫りんごを購入しました。
派手すぎないややくすんだ赤色で、唇がほんのり血色良くなります。

姫りんご色見本

HPの色見本とは違う感じですし、
多分この画像も実際の色とは違うと思います。
薄付きでナチュラルな発色なので、
「なんだこりゃ使えない」ということはないと思います。
通販で事前に試せないのがちょっと辛いですねたらーっ(汗)
派手に色づかないまでもぱっと顔色がよく見え、私は気に入りました。

とても滑りがよく、塗りやすいです。
まるでリップクリームのよう。
パールが入っていないそうなのでマットなのかなあと思ったら、
単品でもそこそこ艶があり普段ぱぱっと塗るのに便利でした。
ちゃんとラインを書いて仕上げるとしっかりした感じも演出できます。
無香料なのも良かったです。

塗っていても感触が軽く、唇に圧迫感があまりありません。
その分もちはよろしくはありませんが、
何もしていないのに乾燥してカピカピになるとか消え去ってしまうということはなく、
何となく塗った感じは残っていたのでワタシ的には及第点です。
グロスを重ねたらもっともつと思います。

特に荒れることもなく、気持ちよく使えました。
色もナチュラルで使いやすいし気に入っているのですが、
「これでなきゃ」という決定力には欠けるので、
再度の購入は未定です。
普段遣いにはとても便利だったんですけど・・・
草花木果さんに何か他に欲しいものがあって通販することがあれば、
一緒に頼みたいとは思います。

成分
フェニルトリメチコン、水添ポリイソブテン、(水添ロジン/ジイソステアリン酸)グリセリル、ヒドロキシステアリン酸ヘプチルウンデシル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル−2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、合成ワックス、トリイソステアリン、ヒドロキシアパタイト、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、セージ油、米胚芽油、ハッカ油、グルコシルヘスペリジン、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、セルロース、トコフェロール、テトラデセン、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、メチコン、オレンジ油、水、シリカ、(+/−)酸化チタン、酸化鉄、ベニバナ赤、マイカ、カルミン
posted by 千歳碧 at 00:20| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

ナチュラピュリファイ/ピュアリップスティック

ナチュラピュリファイ・ピュアリップグロス

評価 5 (満点!)
メーカー名 ナチュラピュリファイ研究所
ブランド名 ナチュラピュリファイ
商品名 ピュア・リップスティック
アイテム 口紅
その他 4410円
入手法 バラエティショップなど
使用感

単刀直入に申し上げて、これは革命的な口紅だと思います…!

元々口紅の成分で唇が荒れることは無いので、
基本的にはタール色素が入っていない口紅なら何でも
イケル口です。

しかし、未だかつてタール色素が入っていない口紅で
満足できることが無かったのですよねぇ。

というのも、タールが入っていない口紅は、概して
・色が好みでない(極端なレッド系や茶系に走りがち)
・使用感がボソボソする(グロスを上から塗る必要がある)
・ベッタリ付く割には気が付くといつの間にか
 消えていることが多い
という点がネックでした。

ナチュラピュリファイの口紅は、今まで見たことがある
タール色素フリーの口紅の中でも、ダントツに色の展開が
素晴らしいと思います。

私が購入したものはコーラルピンク。
自分で言うのもなんですがこの色は可愛い!
久しぶりにこういう色の口紅を使いました。
文章で表現すると、「オレンジとピンク」の中間、
でしょうか…。
(写真で見ると「ピンク」にしか見えませんが、
 これは私のカメラの撮影設定によるものだと思います。
 現物はもう少しオレンジがかっています)

ちなみにHPに載っている色見本はあまりアテに
ならないので、ご自身の目で現物を見ることを
お勧めいたします…。
特にセレブホワイトやシャンパンゴールドは
「ニュアンス」しか付きません。
色はほとんど付かないのでご注意を。

スルスル伸びて、シアーな付きなので上から
グロスを塗る必要もあまりありません。
(勿論、塗っても可愛い!)

もちは至って普通です。
「悪い」とは思いませんでした。
何か飲食しない限りは、「いつの間にか消えている」
という現象は少ないかなと思います。

お値段に対して内容量が少ないとか、
パッケージがシンプルすぎて物足りないとか、
不満な点は上げればきりがないのですが、
それでもタール色素フリーでこの色みは
嬉しいです…!

ちなみに無味無臭。

単純に、リピートもしたいし、他の色も
買ってみたいなと思う商品でした。


成分
ワサビノキ種子油、コメヌカ油、ミツロウ、ショレアステノプテラ脂、キャンデリラロウ、ブドウ種子油、カルナウバロウ、トコフェロール、+/- 酸化鉄、酸化チタン、マイカ、グンジョウ、カルミン、ヒマシ油、乳糖

posted by 黒橡 at 00:00| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

マリークヮント/アウトラインフォーリップス

アウトラインフォーリップス

評価 4 (優秀)

メーカー名 マリークヮントコスメチックジャパン
ブランド名 マリークヮント
商品名 リップライナー
アイテム アウトラインフォーリップス
その他 1575円
入手法 カウンター

使用感

04番FIGを使用中。ちなみにタール色素なしです。
カウンターでざっと確認させて頂いたところ、05、07、08もタール色素が入っていなかったみたいです。

04番のお色はモーヴピンク・・・とHPで説明されています。
ちょっぴりくすんだ使いやすそうなピンク。

〔参考画像〕
04FIG

ベージュ色のものと迷ったりもしたのですが、
一番素の唇の色に近い04番にしました。
そもそも、リップライナーを買おうと思ったきっかけが、
自分の貧相なオチョボ口を少しでもボリューミーに見せたかったから、なので・・・。

芯はやわらかく、スルスル伸びて描きやすいです。
また、描いたものもやわらかな線でナチュラルです。
この描き味はとっても気に入りました。

芯が柔らかいだけに、削るときがちょっと大変かもしれません。
私は一応あわせてマリークヮントのシャープナーを使っております・・・。

色が素の色と馴染むので、狙い通りボリューミーリップ(自分比)を作ることができました♪
また、ぼんやりしてしまうヌーディーな色の口紅のときに使うと、
それなりに輪郭がくっきりして唇が綺麗に見えました。
(私はヌーディーカラーばかり使っているので04で大丈夫でしたが、
 輪郭をくっきりさせる用途には、もうちょっと口紅の色に合わせたカラーの方がいいかもしれません。)
あまりリップライナーを使ったことがないのですが、
一手間かけたらそれなりに効果が出るのだなあと驚きましたよ。

あまりリップライナーを使ったことがないので比較できないのですが、
描きやすさ・色の点で、
「他のモノが欲しい」とは思わないほどには気に入りました。

成分
水添ホホバ油、シリカ、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、
メドウフォーム油、マンゴー種子油、キャンデリラロウ、シア脂、
マカデミアナッツ油、カルナウバロウ、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、
(+/-)マンガンバイオレット、酸化鉄、酸化チタン

BAさんに教えて貰ったぷっくり唇の作り方
posted by 千歳碧 at 00:00| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ロゴナ/リップスティック・ウッド

ロゴナリップスティックウッド

評価 3 (普通)
メーカー名 ロゴナジャパン
ブランド名 ロゴナ
商品名 リップスティック・ウッド
アイテム 口紅
その他 8色 各2520円(税込)
入手法 バラエティショップ、オンラインなど

使用感

リニューアル前商品がセールになっていたので思わず買ってしまいました。
01シルバーパールです。

画像で見るとかわいいピンクなんですが、これを唇に塗ると
マットで白っぽい発色でした。「サイバー」としか言いようがありません。
最初に塗ったときは正直ショックでした。

が、この上から透明なグロスを塗ってリップブラシで丹念になじませると、
自分で言うのもなんですが可愛らしい唇になると思います。

テクスチャはかなりマットなので、上にグロスを塗って
唇を合わせてるくらいではきちんと混ざらないので、
リップブラシをオススメします。

また、マットゆえに下にリップ等の下地を塗っておかなければ
おそらく荒れやすいのではないでしょうか?
私は元々唇が荒れない方なのですがそれでも下地リップを塗らないと
この口紅自体の伸びも悪いと思います。

味はあまりしないんですが若干クレヨンっぽいような…??
見た目がクレヨンだからそういうイメージなのかもしれません。

リニューアル後の商品はどうなのかよくわかりませんが、
リニューアル前のものはなかなか良いと思いました。

苦言を呈すならば、まずこれ一本で終了、というわけにはいかない
煩わしさ。(要リップ下地、リップグロス)
そして、形状的に市販の鉛筆削りでは削れない点。
私は後日、ロゴナのシャープナーを買いました。
この太さのシャープナーをお持ちで無いならば、シャープナーも
同時に購入されることをオススメします。
(ちなみにシャープナーは二種類の太さのペンを削ることができる上に、
 削りカスが飛び散らない工夫がなされており、これはこれでなかなか
 使えそうな気がします)

成分
(リニューアル後)
ヒマシ油、リシノレイン酸グリセリル、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、キャンデリラロウ、ミツロウ、ミリスチン酸ミリスチル、カルナウバロウ、セタノール、シア脂*、マイカ、乳酸ミリスチル、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、香料(エッセンシャルオイル)、[+/- コチニール、酸化チタン、酸化鉄、水溶性アナトー、マンガンバイオレット]

* 欧州の有機認定原料
posted by 黒橡 at 15:42| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

ジェーンアイルデール/ピュアモイストリップカラー

ジェーンアイルデール/ピュアモイストリップカラー

評価 3.5 (普通〜優秀)

メーカー名 ジェーンアイルデール
ブランド名 ジェーンアイルデール
商品名 ピュアモイストリップカラー
アイテム 口紅
その他 4g/2835円(日本正規代理店価格 *店舗によりバラつき有り)
入手法 ネット通販/個人輸入/皮膚科等(新宿三越アルコットにもあるらしい)

使用感

ジェーンアイルデールとは、
アレルギー原因物質・防腐剤無添加、ノンコメド処方で、
「レーザー治療・ケミカルピーリングの後のデリケートなお肌にも使える」
ということをコンセプトにした
皮膚科御用達コスメなのだそうです。

私は唇の皮が剥けやすいので、
「皮膚科御用達」という言葉に惹かれていたのですが、
いかんせん入手し辛いジェーンアイルデール。
とか思っていた所、何と、愛用者様から頂いてしまいました。わーい(嬉しい顔)

SPF18。つや消しゴールドの高級感ある外見。
お色はSHARON。
いわゆるピンクベージュで、可愛らしく使いやすい色です。
個人的にはとても好きな色。
(追記に、腕に出した色を追加しておきます)

塗り心地は非常に滑らかで、柔らかいです。
暑い日には折れてしまいそうだったので、出し過ぎには注意が必要かもしれません。
その分、とても潤いがありそう。
下地にリップを使えば、これのみでもギリギリ、縦皺のない唇が完成しそうです。
「無香料」との謳い文句でしたが、
何故かチョコミントのような香りがして美味しそうです♪

滑らかな塗り心地ながら、昨今流行なシアーな発色ではなく、
ややモッタリと乗る感はあります。
SHARONは私の唇に色が馴染んでしまったのではっきり分かりませんが、
結構発色がいいのではないかと思います。
結構パーリーな感じはありますが、きらきら光るほどではないです。

持ちは、悪くはなかったです。
急に剥がれ落ちるというよりは、ゆっくり薄くなっていく感じ。
特に唇も荒れませんでした。
手の甲につけた色は、石けんでクルクルクルクル、
丁寧に丁寧に洗ったら落ちました。

使用感・色ともに中々のお気に入りなので4点をつけたいところなのですが、
ちょっと入手し辛い上に、日本の代理店HPの記載が気になるので、
次回自力での購入は未定の未定・・・ということで3.5で。

蛇足ですが、その気になる点。
日本の代理店HPでは「化学色素は不使用です」と謳っているのですが、
成分表示には「赤226」等の文字が・・・あせあせ(飛び散る汗)ナゼ??
自分で外箱の表記(私のは英語)を見て調べるも・・・よく分からず。
とりあえず使っていて唇が荒れることもないので
何が入っていようが気にしていませんが(あばうと)、
私と違って唇が深刻に弱くて買う方もいらっしゃるだろうし、
現物を見づらい商品であるだけに、この点はしっかりして欲しいなあ〜と思います。
入っているなら入っているとお言いよ。

成分
Ricnus Communis(Castor)Seed Oul, Isopropyl Jojobate, Jojoba Esters,
Caprylic/Capric Triglyceride, Euphorbia Cerifera(Candelilla)Wax,
Copernicia Cerifera(Carnauba)Wax, Beeswax, Vitis Vinifera(Grape)Seed Extract,
Mentha Piperita(Peppermint)Leaf Extract, Vanilla Tahitensis Fruit Extract,
Flavor, Borago Officialis Seed Oil, Tocopherol, Ascrbyl Palmitate,
Bisabolol. (+/-) Hydrated Silica, Mica(CI77019), Titanium Dioxide(CI77891),
Iron Oxides(CI77489, CI77491,CI77492, CI77499), Carmine(CI75470),
Red 30 Lake(CI73360), Red 7 Lake(CI15850)(Aka 202).

誤解無きよう、海外モノの英語表記そのまま。lake色素が気になりますが・・・・

SHARONの色味(と汚い腕)を見る
posted by 千歳碧 at 21:45| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ナティエラ/リップスティック

natiera.jpg

評価 3 (普通)
メーカー名 生活の木
ブランド名 ナティエラ
商品名 リップスティック
アイテム 口紅
その他 2100円
入手法 ネット ケンコーコム

使用感

画像は使用中のものでなんだか生活臭がして申し訳ないです…。
03エリカです。

ピンクベージュとのことですが、想像したよりも結構濃い目の色です。
ベージュというよりは茶より??という気がしました。
画像は、より濃い目に写っていますが、実物もピンクベージュとは
言いがたいような…。

質感はベタッとつく感じです。マット??下地にリップは必要かと。
結構、成分を考えた口紅ってマット傾向にありますよね…。
マットゆえ、割と「きちんとしている感」があるので、オフィスでは
問題ないですが、遊びとしてはやや地味かな…と思わなくもないです。
まぁ、上にグロスを乗せるなどで質感は変わりそうですが。

この口紅で嬉しかったのは「モチが良い」ってことです。
ちょっとお茶を飲んだくらいならまだ残っていたと思います。

やわらかいので、リップブラシで使用していると途中でグニと
折れました…。でもまだ使っています。。

唇は元々荒れることはあまりないので、こちらでも荒れませんでした。

もうちょっと「可愛いピンク」とか色展開がほしいなぁ。
お値段はすごくリーズナブル(2100円)で気に入っています。


成分
ヒマシ油、ラノリン、キャンデリラロウ、ミツロウ、ホホバ油、
(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)コポリマー、カルナウバロウ、
タルク、チャボトケイソウ種子油、香料、トコフェロール、
マイカ、(+/-)水溶性アナトー、カルミン、グンジョウ、酸化鉄、
(酸化鉄/酸化チタン)焼結物

醜い腕の内側に塗ってみたところを見てみる(オススメはしません)
posted by 黒橡 at 14:26| 口紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。