2011年11月08日

カウブランド/無添加メイク落としミルク

無添加メイク落としミルク

評価 4 (優秀)
メーカー名 牛乳石鹸共進社
ブランド名 カウブランド無添加フェイスケア
商品名 無添加メイク落としミルク
アイテム クレンジングミルク
その他 924円/150ml
入手法 ドラッグストア

使用感

いつも使っていたクレンジングがなくなったものの、
取り扱い店に買いにいくのが億劫で、
近くのドラッグストアにあったこれをとりあえず買ってみました。
そうしたら割りと気に入ってしまい、もう2本ほどリピート買いしています。

着色料とパラベンフリー、無香料です。
成分もこだわる方には気になるものもあるかもですが、
シンプルで私的にはOK。

ポンプタイプで出しやすいです。
白くて割とゆるめの質感。
ミルクというより乳液のような…顔に伸ばしやすい感じ。
顔になじませたあと、水かぬるま湯で洗い流します。
潤いがあり、落としたあとの突っ張った感じがありません。
使っていて刺激がなく、メイクも結構落ちました。
でも、濃いアイメイクはなどは少し残ってしまうかも。

毛穴の奥までスッキリ!というわけでもなく、
濃いメイクやラメの落ち具合には多少の不安が残りますが、
肌にやさしめで、
お店によっては割引で600円台で売っていたり入手しやすいのが魅力的です。
なんとなーくレギュラーで使い続けてしまいそう。
カウブランドにはオイルタイプもあるみたいなので、そちらも気になります。

成分
水、BG、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリエチルヘキサノイン、PCA-Na、
ステアリン酸PEG-5グリセリル、 PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル、カルボマーNa、
ヒドロキシエチルセルロース
posted by 千歳碧 at 14:21| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

無印良品/マイルドジェルクレンジング

20100204075158.jpg

評価 4 (優秀)
メーカー名 良品計画
ブランド名 無印良品
商品名 マイルドジェルクレンジング
アイテム クレンジング
その他 120g/600円、200g/780円
入手法 無印良品

使用感

デイリー使いにはジェルクレンジングが好きです。

無印良品でふと見かけたジェルクレンジング。
成分もそう悪くなく、お値段もとても魅力的。
ふと手に取った日から、1年以上使用しています。

使用感は、ベタつきもなく、かたすぎずもせず、
ジェルらしいジェルクレンジング。

香料は入っていません。
(原料臭くらいはするかもしれませんが…ほぼ無臭)

メイクの落とし残しが無いのはもちろんのこと、
濡れ手でも乾いた手でも使えるのは嬉しい。
お風呂の湯船に漬かりながらジェルをクルクルしていると
毛穴の奥まで洗浄されるような気がして、
気持ちいいです。

評価が難しいところです。
多分これからもずっと使い続けるという意味では
「5」でも良いのかも。
ただ一方で、自分としては使用するのが
ごく「普通」になってしまったため、
「3」にしようかとも思いました(笑)
間を取って4ということで。




posted by 黒橡 at 00:00| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

アンナトゥモール/ピュアクレンジングオイル

後で画像が追加されることもあるかもしれません。

評価 4 (優秀)

メーカー名 アンナトゥモール
ブランド名 アンナトゥモール
商品名 ピュアクレンジングオイル
アイテム クレンジングオイル
その他 2625円/150ml
入手法 東急ハンズ、アンナトゥモール公式サイト

使用感

結構前になりますが、愛用していたハーバーのクレンジングオイル
リニューアルで成分が変わってしまったので、
スクワランメインという点で似たような成分だというこちらを購入してみました。

オイルにしてはあまり粘度の高くなく、顔にすっと伸ばしやすいです。
(ただ、その分、量を使わないと少し摩擦が心配かなと思います。)
クルクルと顔に伸ばしたあと、ぬるま湯で乳化させ流して使います。

オイルクレンジングだと、
どうも顔がガサガサしたり引っ張られる感触があったのですが、
ハーバーの旧クレンジングオイルと同じく、こちらも大丈夫でした。
洗い流したあとも激しく突っ張ることはありません。

メイクの落ち具合も悪くないです。
濃いアイメイクなどは下瞼に残ってしまったので専用のものが必要でしょうが、
多少のポリマー入りファンデーションはちゃんと落ちました。

毛穴がスッキリする感じはありつつも、
連用していて毛穴がそこまで目立ってくることがありませんでした。
ハーバーでは「連用はちょっと・・・」と思っていたので嬉しいです。
ニキビにピリピリしたりということもありませんでした。

オイルクレンジングの中では今最も気に入っているのですが、
クレンジングという広い範囲ではもうちょっといいものがあるよう気もしています。
何て言うか、中庸派で突出した特徴がない感じ。
成分がすごく良いわけでもなければ、
かといって化粧落としプラスアルファの効果が多少なりともあるわけでもなし。
良い意味では「バランスが良い」と言うことで、
個人的にはそういうアイテムは好きなのですが。

成分
スクワラン、ローズヒップ油、ホホバ油、チャ実油、コメヌカ油、水、水添レシチン、ローズマリーエキス、オレンジ油、トコフェロール(ビタミンE)、ソウハクヒエキス、カッコンエキス、アロエベラエキス−1、クロレラエキス、レモンエキス
posted by 千歳碧 at 00:00| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

ENESSA/ラベンダークレンザー

2010年1月25日・改

ENESSAクレンジング

評価 4.5 (優秀〜満点のあいだ) 3(普通)
メーカー名 エセル アヴェニュー
ブランド名 ENESSA
商品名 ラベンダークレンザー
アイテム クレンジングジェル
その他 120ml/4200円
入手法 バラエティショップ、オンラインショップなど

使用感

久々のクレンジングジェルです。

私のお肌では、
「オイルクレンジング=吹き出物の要因の一つ」
になってしまうので、クレンジングはミルクタイプか、ジェルが
向いているようです。

ミルククレンジングはお肌に優しいのですが、如何せん
「メイク落ちの悪さ」に不満が・・・。

ジェルタイプは成分的に満足の行くものがなかなか
見当たらなかったのですが、たまたま興味を持っていた
「ENESSA」のクレンジングがジェルタイプとのことで、
使ってみることにしました。

ポンプタイプで一度に使用する量は2〜3プッシュ。
水で伸ばしてから顔に広げます。
一度の使用量が意外と少量なので、コストパフォーマンスは
良いです。

さすがジェルタイプ、スッキリ落ちて、洗い残しがありません。
(私のメイクがMMUによる落としやすいタイプだから
 かもしれませんが)
かといって、乾燥したりつっぱるようなことも
私はありませんでした。

「ラベンダー」という名前がついていますが、
ツンツンするお馴染みのラベンダー臭とは少し
違い、何かの原料臭と混ざった香りがします。

成分的には「お肌に優しい」とは必ずしも言い難いようですが、
ダブルクレンジングが不要であったり、
コストパフォーマンスの良さ、
それから勿論使用感の良さが気に入りました。

ただし、クレンジングで肌あれを起こしている場合を除き、
肌質改善を促進するタイプのクレンジングではないと
思います。

取扱店が少ないので、購入の煩わしさは少し不満ですが、
頻繁に買いに行く必要は無さそうなので、リピートしたい
クレンジングです。


::2010年1月25日追記::

当時の高評価のテンションからクールダウンした現在・・・。
当時は好きだったので、1〜2本リピートしました。
が、現在は購入の煩わしさにより、リピート中止。
安価で使用感が似ているクレンジングを発見し、
今はそちらを使っています。


成分
水、スルホコハク酸ラウレス2Na、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルPGジモニウムクロリド、 グリセリン、ヤシ脂肪酸スクロース、ローズ水、アロベラジェル、オオバコエキス、リンデンフラワーエキス、 ヒドロキシエチルセルロース、グルコノラクトン、安息香酸Na、オーガニックラベンダー油、オーガニックオレンジ油
posted by 黒橡 at 00:00| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

美杏香/シンビスイクレンジングゼリー

シンビスイクレンジングゼリー

評価 4 (優秀)
メーカー名 アプリコット製薬
ブランド名 美杏香
商品名 シンビスイクレンジングゼリー
アイテム クレンジング
その他 120g/3990円 250g/6300円
入手法 オンラインショップ

使用感

またやってしまった・・・・マイナー(?)化粧品への果敢な挑戦。
写真は120gの方です。

アプリコット製薬は、
日本人のための成分にこだわった化粧品
を謳い文句にしているようですが、
◆完全自然派というわけではない
 (多少の界面活性剤、保存料などは入っている)
◆以前、成分記載詐称疑惑(?)があった
といういわくつき(?)だそうで、半信半疑ながらも
いくつか商品を注文してみました。

このクレンジングは「ゼリー」という名前がついていますが、
現物は白いコールドクリームのようなものです。
開けると容器にミッチリとクリームが入っており、
お値段からしてもコストパフォーマンスは良さそうです。

使用方法としては、
1)顔の上に少量ずつ乗せ、塗れ手で少しずつ伸ばす。
2)メイクと馴染んだら、水で洗い流す。
と、非常にシンプル。
水で塗らした手でないと非常に伸びが悪いので
要注意。

私はメイクはMMUなので落ちに関しては全く問題ありません。
ミルククレンジングにありがちな皮膜感が全く無く、
スッキリサッパリ。
わたしはミルククレンジングをよく使用していましたが、
ミルククレンンジングに必須の
「コットン(またはそれに準ずるもの)で汚れを落とす」
という手間が省けるためか、お肌も「擦る」刺激が無く、
また、コットンによるゴミが出ないということからも
クレンジングに対するわずらわしさが減りました。

どのクレンジングでもそうだと思いますが、
クレンジングで「お肌そのもの」が向上することは
なかなか無いと思います。
逆に、それが合っていない(もしくはメイクが落ち切れていない)
ために引き起こされる肌トラブルの方が問題なわけで…。
シンビスイクレンジングゼリーを使い始めて早3ヶ月、
今のところお肌に悪影響は見られません。

うーん、この使用感、手軽さ、コストパフォーマンス、
トータルしての評価です。

しかし、通信販売というものは、一見便利に見えて
実は面倒くさく・・・。
2〜3本リピートしましたが、その後、使わなくなって
しまいました。

ちなみに、メーカーはこのクレンジングゼリーにおいて
特殊な使用方法を推奨しているようですが、
奇を衒わずとも十分な商品だと思います。
普通に使用して問題なし。


成分
水、ポリソルベート60、ラウロイルグルタミン酸Na、グリセリン、馬油、胚芽油、ハチミツ、カルボマー、L−アルギニン、ポリグルタミン酸、BG、ガイヨウ、十薬、コラーゲン、VC、アプリコット、モモの葉エキス、シソエキス、アラントイン、パラベン
posted by 黒橡 at 00:00| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ハーバー/オイルクレンジング

ハーバー

評価 3.5 (普通〜優秀)

メーカー名 ハーバー研究所
ブランド名 ハーバー
商品名 オイルクレンジング
アイテム クレンジングオイル
その他 50ml・150ml/1050円・2940円(詰め替え150ml/2730円)
入手法 デパートカウンター・ネットショップ

使用感

年始に2006年注目コスメに書いた一品。
あれからすぐ購入したのにレビューが遅くなってしまいました・・・
ただ今詰め替え用2本目に突入しております!

成分の35.8%がスクワランという、潤いタップリ処方だそうです。
実際、クレンジング後もあまり突っ張った感触がせず、
単一オイルでクレンジングしたときに近い感じがあると思います。

使い方は、くるくるマッサージしたあと、お湯で乳化させて落とします。
メイクの落ちはそれなりに良いです。
べったり塗ったリキッドファンデもさっぱり落としてくれている感じがあります。
濃いポイントメイクは一部残ることもありますが・・・
(HPの説明ですと、
 「ポイントメイクはコットンで拭き取ると良い」とのことですので、
 ポイントメイク落としにも使えるみたいです。)

オイルクレンジングといえば、
使用後の肌がガサガサして引っ張られるような感じがするのが苦手だったのですが、
これにはその感触が無く、その点がとても気に入っています。
濃いメイクの日、ミルククレンジング(コットン使用)がめんどくさい日は
ついつい手が伸びてしまうアイテム。

しかし、激しく肌が荒れたということはないけれども、
約一年間使う内に、どうも毛穴が開いてきた感があります。
連用は避けたい所です。

超ナチュラル安心成分☆というわけではないし、
オイルクレンジングで肌が荒れたことがある私としては抵抗もあったのですが、
実際はところどころで気遣いされた、
悪く言えば中途半端な、
良く言えばバランスを取ろうとしている一品だと思います。
成分重視コスメと機能重視コスメの丁度狭間にあるものというのは、
あれこれ使いたい中庸派の私にとっては時には必要なので、
総じて好印象でした。
毛穴をさっぱり掃除したいなというとき、
濃いメイクの日にうまく採り入れていきたいです。

成分
スクワラン、イソノナン酸イソノニル、トリオクタノイン、
テトラオレイン酸ソルベス-40、オリーブ油、オクチルドデカノール、
トコフェロール
posted by 千歳碧 at 00:20| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ドクターハウシュカ/クレンジングミルク

ドクターハウシュカクレンジングミルク

評価 3 (普通)
メーカー名 ドクターハウシュカ
ブランド名 ドクターハウシュカ
商品名 クレンジングミルク
アイテム クレンジングミルク
その他 145ml/3360円
入手法 バラエティショップ、オンラインショップなど

使用感

2006年新春に今年はこれを試してみたい!
と意気込んでいたクレンジングミルクのうちの一つです。

テクスチャはちょっと固め。
4〜5プッシュを濡れたコットンに取り、お肌の上で
クルクルと馴染ませて拭き取ります。

香りは私はほとんど感じないのですが…。
最初は少しエタノールを感じたのですが、慣れてしまってからは
そうでもなくなりました。

マイナス点はオチが悪いところ。
毛穴落ちしたファンデが落ちきれていない時の
「ふう…」と溜め息をつきながら再び洗面所に向かう
あの無気力感。
私は普段、比較的「自然派」と言われるクレンジングしやすい
ファンデーションを使用しているにも関わらず、これだけ
落ちにくいということは、恐らくポリマー等を多く含んでいる
ファンデーションでは更に落ちにくいのでは?

トータルしてみると、私にとっては「可も不可も無く・・・」
という感じです。

ところでこの容器では残り少なくなってからとても取り辛いです。
「プッシュ」する部分を外し、少し浮かせ気味にしながら
プッシュすると取りやすいです。(意味不明ですね)

成分
水、エタノール、グリセリン、アンチリスブルネラリア花エキス、キョウニン油、アーモンド油、ホホバ油、ムギ発酵エキス、セテアリルアルコール、ベントナイト、レシチン、キサンタンガム、香料
posted by 黒橡 at 22:05| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ヒロインメイク/マスカラリムーバー

ヒロインメイクマスカラリムーバー

評価 5 (満点!)
メーカー名 キスミー
ブランド名 ヒロインメイク
商品名 マスカラリムーバー
アイテム クレンジング(ポイントメイク落とし)
その他 6ml/税込み882円
入手法 ドラッグストア等

使用感
私はヒロインメイクのロング&カールマスカラを使用しているのですが、
こちらの使用感でも触れていますがとにかく落ちにくいです。

元々私は目の周りはアレルギーになりやすいので、クレンジング
し切れていないまま寝てしまったときは翌朝目が痒いような気がします。
(…元々のアレルギーもあるので、一概にマスカラのせいとも
 言い切れませんが)

一方で、マスカラを完全に落とすためのクレンジングは、
どうしても毎回目の周りのみこすりながら落とすので
マツゲ自体も抜けますし、加えて目の周りの肌は薄いので
こする行為は明らかに良くないな・・・と思いつつ、
仕方なく毎回クレンジングを行いました。

ミルククレンジングではこういった「落ちにくいメイク」は
すこぶる落ちにくいんですが、さらに
大抵のクレンジングミルクにはアルコールが入っていて
スースーするので目の周りを丹念に落とすときは
涙をポロポロこぼしてしまいます。

オイルクレンジングは、ミルククレンジングに比べれば多少
落ちやすいのですが…それでも落としきれなかったり、
目の周りにオイルを塗っていると目にどうしても入ってしまい、
目の前がかすんでしまうことをとても不快に
思っていました。


長くなりましたが、そこでこのリムーバーです。

まるでマスカラと同じような外見をしていて、クレンジング時には
コイル状のブラシをマスカラと同じようにマツゲに塗ります。
3分ほど放置した後、コットンでふき取ると・・・スルッ・・と落ちます!
あれほど落ちにくかったマスカラがスルッと落ちる快感!

これはすごいexclamation×2

もっと早く買っておけばよかったと思いました。

質感は少しもったりした半透明の液で、私は今のところあまり
目に入ったりはしません。

成分はポリマー等がタップリ入っていますが、この落ちやすさを考えると
それも致し方ないかと思われます。
それにマツゲだけですしね。
(コットンでふき取るときに、なるべく目の周りに付けないように
 頑張っています)

成分
トリエチルヘキサノイン、イソヘキサデカン、ミネラルオイル、(PEG-15ラウリルジメチコン)クロスポリマー、アルキル(C30-45)メチコン、トコフェロール、ローズヒップ油、カミツレエキス、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
posted by 黒橡 at 11:22| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

マルティナ/サルビアクレンジングミルク

マルティナクレンジング

評価 3 (普通)
メーカー名 マルティナ
ブランド名 マルティナオーガニックスキンケア
商品名 サルビアクレンジングミルク
アイテム クレンジング
その他 150ml/3675円
入手法 バラエティショップ、オンラインショップ等

使用感
マルティナのサルビアモイスチャークリームと同時に購入しました。

サルビアシリーズはオイリー肌向けとのことですが、特に乾燥するわけではなく、
肌を引き締め、代謝を正常に戻す効果があるとのことなので、
オイリー肌以外の方でも使えるようです。
(と店員さんが言っていました)

私はメインのクレンジングはジュリークのメイキャップエリミナーなんですが、
ミルククレンジングは一般的に「落ち」が問題になるので、
二回クレンジングをしなければメイクが残っているのではないかと
不安になります。
が、如何せんジュリークのミルクレはお高めで、もったいないな…
という気持ちが発生したため、

ジュリークのミルクレ→マルティナのミルクレ

という順番で二回クレンジングを行うことにしました。
その点で、普段使いでは無いのであまり参考にならない評価かもしれません。

こちらのミルククレンジングは、同シリーズのモイスチャークリームとほとんど
同じ成分ということで(油分があればメイクはそれなりに落ちるようです)
ゆるすぎず、堅すぎず、「少し弾力のあるミルクレ」という感じがします
(分かりづらい)。

使用方法はメイクと馴染ませた後、水洗いすればOKという旨が説明書に
書いてありましたが、私は「メイク落ち」を目で確認したいので、
ジュリークと同様に、

1)クレンジングを10プッシュほど手に取り、
  よくメイクと馴染ませる(クルクルと小さく円を描きながら)

2)メイクと馴染んだと感じたら、コットンを精製水に浸して濡らし、
  優しく肌表面を滑らせてミルクレを落とす。

という方法を取っています。
ジュリークのクレンジングの時点でほとんど落ちているらしく、
マルティナのクレンジングではコットンにはほぼ何もつかないですけど。
でも念には念を入れて。

さて、このクレンジングミルクですが、前述の通り成分が乳液と同じなので、
マルティナ社では「夜使用した際は、クレンジングの後に何もつけずそのまま
就寝してOK」という他とは少し変わった方法をオススメしています。
私は、このクレンジングのみでは少々乾燥してしまうので、普段のお手入れも
行いますが…。

で、これを使い出して何かお肌が変わったか・・・というと、実は特に
何も変わらず・・・。スローコスメなので。
しかしメイク落ちという点で保険的に使っていると安心できます。

モイスチャークリームと同様、ここのところサルビアの香りが少々鼻に
つくようになったので(強い香りではありませんが…)、次回は
ローズシリーズを購入すると思います。


成分
水、オリーブ油、エンドウデンプン、レシチン、シア脂、セージエキス、香料
posted by 黒橡 at 11:47| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

ジュリーク/メイキャップエリミナー

ジュリーククレンジング

評価 4.5 (優秀〜満点の間)→追記にて修正
メーカー名 ジュリーク
ブランド名 ジュリーク
商品名 メイキャップエリミナー
アイテム ミルククレンジング
その他 100ml/5,250円  300ml/10,500円
入手法 ジュリークサロン、ネットショップ等

使用感
たまたまジュリークのオンラインショップで安売りしていたので
購入しました。オレンジの香りが優しいミルクレです。

テクスチュアは緩めで、こぼれそうになります。本来は水で希釈するとの
ことですが、私は原液のまま使っています。
ただ原液だと10プッシュほどしないと適度な量が取れないんですよねぇ…。
1プッシュの量が少ないというのもあるかもしれませんが、
コスパは悪そうです。

とにかくヴェレダのアイリスクレンジングミルクが目にしみてほぼ毎日
涙を流しているので、ジュリークのミルクレはアルコールが入っている
にもかかわらず刺激が少ないということが嬉しいです。
香りも素敵ですよ。「オレンジガム」のようで。
(↑あまり素敵そうではない…?)

ふき取りタイプなのでコットンでふき取るのですが、ふき取った後も
サッパリしているのに乾燥することも皮膜感も無いのが嬉しいです。
シャキッとするというか。

落ちは・・・成分良好なクレンジングにありがちですが、「よくは無い」です。
ちょっと手を抜くと、ケミカル成分の少ないメイクの私でさえもオフ
し切れていない時がありますので、じっくりと時間をかけてオフする
必要があります。が、このクレンジングは香りも使用感もまろやかで
むしろクレンジングの時間が楽しみになりました。

お値段がお値段だけにリピートが難しいのでー0.5ということにしました。


***追記***

評価 5 (満点!)に変更です。

結局、1本使い終わるのに3ヶ月かかりました。
前回は「コスパが悪そう」と書きましたが、なかなか良いのでは・・・。

また、前回の記述後に知ったのですが、これはコットンで拭き取らずとも、
メイクとクレンジングをよく馴染ませれば水洗いでもOKとのことです。
私は「落ち」が気になるのでコットンを使いますが・・・。
最近では以下の方法で落としています。


1)クレンジングを10プッシュほど手に取り、
  よくメイクと馴染ませる(クルクルと小さく円を描きながら)

2)メイクと馴染んだと感じたら、コットンを精製水に浸して濡らし、
  優しく肌表面を滑らせてミルクレを落とします。


メイクの落ち状態も分かり、かつ、肌表面を直接コットンで
こするわけではないので、お肌にも優しいような気がしますよ。
・・・あ、碧ちゃんのヴェレダのミルクレの方法と同じですね。


というわけで、リピートしています。
オンラインショップが丁度33%オフキャンペーンをしていたので、
遂に300mlのボトルを買いました。
300mlのボトルは詰め替え用なので、今まで使用していた容器
(冒頭写真)に詰め替えて使用しています。
(いきなり300mlのボトルを使用するなら、市販の
詰め替え用容器に入れても良いと思いますが)

最後に、欠点を言えば、100mlの容器(冒頭写真)は残りが
少なくなると非常に使いづらいです。お値段が高いので、
これは改良希望かなぁ。



成分
水、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、サフラワー油、グリセリン、エタノール、ステアリン酸グリセリル、スギナエキス、ラベンダーエキス(1)、ローズマリーエキス、トウキンセンカエキス、ハマメリス抽出液、クインスシードエキス、加水分解ダイズタンパク、アボカド油、大豆リン脂質(レシチン)、ミツロウ、デキストリン、ラベンダー油、キサンタンガム、オレンジ油、グレープフルーツエキス、コムギ胚芽エキス、トコフェロール
posted by 黒橡 at 14:51| クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。