2013年01月01日

賀正

2013


あけましておめでとうございます。
今年ものんびりマイペースでコスメ記録をつづっていこうと思います。
お付き合いいただければ幸いです。

2013年1月1日
黒橡&千歳碧
posted by 千歳碧 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

嗚呼素晴らしき哉コスメライフ*2012

My Cosmetic Life 2012

2012年も残りわずか。
今年はどんな年だったのか、コスメとともに振り返ってみよう!な恒例企画です。

続きを読む
posted by 千歳碧 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

7周年


7th.gif



2005年に開始した当ブログは、本日で7周年を迎えました。

管理人2人も開設当初からすると年齢も、生活スタイルも変わってしまいました。

そのため、コスメもなんだかマンネリ化したり、
ブログの更新がおろそかになってしまったり…。

このブログのことを、決して忘れているわけではありません。

コスメを購入する時、選んでいるときは常に、このブログのことが
頭をよぎっているのです。

なかなかできなくなってしまったことも多いですが、
コスメにかける気持ちだけは、忘れていません。

そういうわけで、今年も記事は言い訳のオンパレードになると思いますが、
長い目で、末永くお付き合いいただければと思います。

2012年10月31日
黒橡&千歳碧


posted by 黒橡 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

イヴ・サンローラン/ラディアントタッチ

ラディアントタッチ

評価 3.5 (普通〜優秀)
メーカー名 イヴ・サンローラン
ブランド名 イヴ・サンローラン
商品名 ラディアントタッチ
アイテム コンシーラー
その他 2.5ml/4935円
入手法 カウンター

使用感

円高最高潮のとき海外で日本の半額以下だったので何も考えずに買ってしまいました。
おしりのボタンをカチカチ押すと液が筆に染み出る、
いわゆるダイヤル式というやつでしょうか。
ちょっとペンテルの細目の筆ペンに似た使い心地です。

私は2番を買いました。
1番より少し暗めだけど浮くことなくくまを自然に目立たなくできます。
夕方落ちてくることもなし。
がっつりカバー力ありというわけじゃないけど、
目元が浮く方が嫌なのでいいバランスだと思います。

筆を使うメリットって色々あると思うんですが、
私にとって最大のものは細かいところにピンポイントで塗れること。
この筆は先がしっかり細くなっているのでこの点はとっても◎。
次にぼかしができるということなんですが、
この筆だと私にはぼかしは難しかったです液量の調節が難しいせいもありますが…。
境目はやっぱり指でポンポンとなじませる必要がありました。

デメリットは上にも書きましたが液量の調節が難しいこと。
1クリックでは少な目、2クリックだと筆がぼってりして塗りにくくなってしまう。
広範囲に塗るなら2回でいいんですけど、
私は主に目の下のくまやシミにピンポイントで使うので、微妙に難しいです。
使い方によって何回クリックがベストか最初は見極めが必要かもしれません。

ともあれ手軽で塗りやすい、筆の手入れが要らないのは大きなメリット。
海外で安く買えるならまたほしいです。

成分
水、シクロペンタシロキサン、グリ セリン、タルク、ミネラルオイル、 ジメチコン、
ペンチレングリコー ル、ラウリルPEG-9ポリジメチルシ ロキシエチルジメチコン、シリカ、
(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポ リマー、塩化Na、
トリアザジフェニルエテンスルホン酸ポリドデカンア ミドアミニウム、
ラウリルPEG/PPG-18/18メチコン、PG、カプリリルグリコール、ジステアルジモニウムヘクトライト、
酢酸トコフェロール、EDTA-3Na、トリエトキシカプ リリルシラン、水酸化Al、
アルニカ花エキス、イタリアイトスギ種子エキス、ポリゴナツムムルチフロルムエキス、アルミナ、
ラウロイルリシン、ステアリン酸、炭酸プロピレン、酸化チタン、ドデセン、ポロキサマー407、
ポリビニルアルコールクロスポリマー、ペクチン、ブドウ 種子エキス、フェノキシエタノール、
ルスコゲニン、ビオサッカリドガム-1、レシチン、[+/-] 酸化チタ ン、酸化鉄、マイカ
posted by 千歳碧 at 00:20| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランコム/UVエクスペールエッセンスインBB

ランコム 下地

評価 5 (満点!)
メーカー名 ランコム
ブランド名 ランコム
商品名 UVエクスペール エッセンスインBB
アイテム 日焼け止め乳液(兼化粧下地)
その他 30ml/5460円
入手法 カウンター、ネットショップ
使用感

なるべく肌につける順番が近いものほど成分にこだわりたいと前は思っていましたが、
30代になったらそんなことはもう言っていられない!
成分度外視で化粧下地を探し出したのが二年前。
成分にこだわらなくても、化粧下地と日焼け止めの兼ね合いってとても難しいことを再認識しました。
日焼け止めとしては高SPFで頼もしくても、下地としてはいまいちでファンデが浮いたり肌が突っ張ったり。
下地としては優秀でファンデののりもよくきれいにしてくれても、SPFが心もとない。
しかもそこに「肌に優しい」なんて条件がついたら、さらに難易度は上がるばかり。
前置きが長くなりましたが、ついに見つけました。
理想の下地兼日焼け止め!

日本では未発売の02番使用。
01はかなりグレーで驚いて02にしたのですが、時間が経つと馴染むそうですね。
02は普通のベージュ系という感じで使いやすいです。
腕に出したもの、なじませてみたものの写真はこちら↓
ランコム 下地色

カバー力があり、ちょっとした毛穴なら隠せてしまいます。
BBという名前がついているのでBBクリームのカデゴリなのでしょうか。
(私が購入したときは日焼け止め乳液といわれましたが…)
こんな下地は久しぶり。
これとパウダーだけで全く問題なく外に行けてしまいます。

そして安心のSPF50、PA+++。なのに突っ張っぱらない!
まあ落としたとき肌が疲れていないかと言うと、
(比較すること自体が間違っているかもしれませんが)自然派やら成分がシンプルなものと比べると
やっぱりちょっとくたびれた感はあるんですが、これはカテゴリが違うし致し方ない。
むしろ成分度外視で前に買ったものに較べたら全然疲れない方です。
さすが美容成分入り。

難点をいうならすこしべたつくかなということ。
ごっそり落ちることはないけど、てかります。
さらさら仕上がりの皮脂を抑えてくれるパウダリーがおすすめです。

探せばきちんとあるんだなあ、わがままを叶えてくれる下地兼日焼け止めは。
なんだか感動してしまった今夏です。

成分
水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、 グリセリン、ジメチコン、
テレフタリリデンジカンフルスルホン 酸、PG、酸化チタン ステアリン酸イソセチル、
ドロメトリ ゾールトリシロキサン、変性アルコール TEA、ステアリン酸、セチルリン酸K、
ワサビノキ種子エキス、RNA トウモロコシエキス、ステアリン酸PEG-100、カリカバラ花エキス、
カルボマー、ステアリン酸グリセリル、 イソヘキサデカン、メチコン ココイルサルコシンNa、
アルギニン、ピ リドキシンHCI、パルチミン酸 トロメタミン、水酸化AI、アデノシン、
フェルニアラニン、マンニトール チロシン、アデノシン三リン酸2Na、 EDTA-2Na、
カプリロイルサリチル酸 カプリリルグリコール、キサンタンガ ム、ヒスチジンHCI、
ポリソルベート80 (アクリルアミド/アクリロイルジメチル タウリンNa)コポリマーセタノ-ル、
トコフェロール、メチルパラ ベン、フェノキシエタノール エチルパラベン、香料、アルデヒド、
リモネン、ヒドロキシシトロネラール、ヒドロキシイソヘキシル3-シクロヘキセンガルボキサルデヒド、
シトロネロール ヘキシルシンナマル、ベンジルアルコー ル、安息香酸ベンジル、
[+/-]赤202、青1、赤104(1)、オキシ塩化ビス マス、酸化鉄、酸化チタン
posted by 千歳碧 at 00:00| 化粧下地・日焼け止め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

足の裏の赤ちゃん化計画「シャイニーフットピーリングリキッド」を試してみた

もうすぐ夏本番!
夏といえばサンダル!
サンダルといえば足の裏!
足の裏といえばガッサガサ!

…orz


そう、30歳もとうにすぎ、「アラサー」の「アラ」が取れるか取れないかという
年齢にもなれば、足の裏の角質も蓄積するというもの。
あまり年齢どうこう言いたくないですけど、まぁ事実です。
悲しいけれども、それはフットケアのエステにこまめに通わなければ
改善されないものとあきらめていました。

そんな折、新大久保に行った際に、友達が韓国コスメ「TONY MOLY」の足の裏の
角質取りコスメ「シャイニーフットピーリングリキッド」が良いらしい!と、
鼻息荒く探していたので、感化された私もつられて購入したのが
きっかけ。
詳しくないのですが、こういったタイプのアイテムは日本では
BABY FOOTという商品がメジャーだと思います。

今回は、ちょっと変わった足の裏の角質取りグッズのレポートを
下手な絵とともにご紹介したいと思います。

こちらを使う前の準備として…
足を1時間半漬けおく必要があるので、まず覚悟して。
平日よりもお休みの日にゆっくりと行うのがよろしいかと思います。
また、1時間半もかかるため、トイレに行っておいたほうが良いでしょう。
一応、歩き回れる仕様にはなっていますが、あまり歩き回らないほうが
無難でしょうから、TVのリモコンや本など、1時間半を楽しく過ごせる
グッズを手の届く範囲に置いておきましょう!

余談ですが、韓国系コスメショップには同類のアイテムで
45分でOKというタイプのものもあったのですが、なにしろ
ピーリング剤は刺激になりますから、あまり短時間で済むのも
個人的にはどうなのかなと思ってしまいます。

tony1.gif

あっ、足の指6本になってる!

箱には赤ちゃんの足の写真。
単純だけど「こういう足になりたい!!!」と鼻息荒くなるパッケージです。
開けると、左右それぞれの足を入れるビニール袋と、ピーリング剤が入っています。

ビニール袋を履いたら、隙間からピーリング剤を流し込んでいきます。
特に刺激もなく、ひんやりとしています。

事前の勝手な想像では、ビニール袋にピーリング液を入れると
タプンタプンになるのかと思っていましたが、実際のところ
液はちょうど足がしっとり濡れるくらいの量で、ビニール袋で乾燥させないように
ラップパックのようにする、というイメージです。

tony2.gif

まぁ、間抜けな感じは否めませんが。

1時間半経過後。依然としてまったく刺激などは感じず、むしろ
効いているのか不安になるくらいでした。
しかし、刺激は感じないものの、シャワーで洗い流すと液に浸っていた部分は
赤くなっており、1時間ほど治りませんでした。

口コミなどでは3〜4日で剥がれ始めるとのことでしたが、
私の場合は3日目あたりではちょっと足がムズムズっとするかな?
剥ける前兆かな?というような気配があるくらいでした。
5日目くらいからちょっとずつ剥がれだしました。
最初は本当に「ちょっと皮がむけてる」というレベルで正直、心配になるくらいでしたたらーっ(汗)
ただ、いったん剥がれだすと、お風呂でちょっと擦っただけで
出るわ出るわ・・・ポロポロと、消しゴムのカスのような角質!
(無理にはがしてはいけないそうなので注意ね)
一週間目には、悪夢のような状態に・・・・。



↓↓↓↓↓不快画像注意!!!↓↓↓↓↓↓





tony3.gif




わたくしごとですが、ちょうどこの状態の時にアロマオイルエステの
予約が入っていて、非常に困惑しました。
エステシャンの方に「足の角質を取るコスメを使ってるのでスミマセン」
と伝えようかと思っていたのに、寝ちゃって言えず。
きっと彼女の中では水虫が広範囲に広がった人かと思っているに違いない!
あー恥ずかしい。

そんなこんなで、全部剥がれ終わったのは10日後あたりでした。
まぁ…やる前よりは多少スベスベになりましたが、
ひどく角質が固まっている部分(かかととか)は、もうちょっと
剥がれてくれても良いのかな〜と思うような感じです。
あ、サンダルを履くのが恥ずかしいようなガサガサ踵からは
解放されましたよ!

想像ですが、TONY MOLYのこちらの商品は割と肌にやさしいタイプではないかと
思います。それゆえに剥がれ始めるのは遅く、そして
剥がれる度合いも弱めなのかなと。
なので、肌が弱めの人には良いものではないでしょうか。
保湿エキスもいっぱい入ってるしね。

私は肌は弱くはないので、次回は違うメーカーのものも
使ってみたいと思っています!

ちなみに、新大久保の韓国系コスメショップにて950円でした。
日本の商品よりは安いみたいです。

一応成分↓
成分
水、エタノール、乳酸、グリコール酸、グリセリン、アルギニン、PEG−60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、 フェノキシエタノール、BG、サリチル酸、ベタイン、香料、アロエフェロックス葉エキス、アルゲエキス、ラベごノダー エキス、アセロラエキス、コーンミントエキス、アカマツ葉エキス、スペリヒユエキス、ザクロ果実エキス、ローズマリー 葉エキス、セージ葉エキス、酢酸トコフェロール、尿素、ライム果実エキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エ キス、リッゴ果実エキス、ブドウ果実エキス、チヤ葉エキス、スイカズラ花エキス 
posted by 黒橡 at 12:22| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

トゥヴェール/薬用ホワイトニングローション

20120517.jpg
評価 3.5 (普通〜優秀)
メーカー名 トゥヴェール
ブランド名 トゥヴェール
商品名 薬用ホワイトニングローション
アイテム 化粧水
その他 120ml/3,400円
入手法 トゥヴェール公式サイト

使用感
いつもはトゥヴェールのプレミアムホワイトパウダーを化粧水にしています。
効果に特に不満は無いものの、毎回毎回精製水で粉を溶いて作る作業に、
「化学実験」感は否めず…。これ、ときめかない。

そこでトゥヴェールの出している化粧水に目をつけました。
薬用ホワイトニングローション。ニキビと美白の決定版だそうです。
このネーミングは、まったくもって、ときめかないですね。

テクスチュアはややもったり。
なんとなくあまいような香りがするような?まぁでもほぼ無臭と言っていいかと…。
色は黄色がかった感じの透明。
浸透は悪くないと思います!
体調によってはややペッタペタするときもありますが、そうでないことも…。
ま、サラリとはしていないと思います。
プレミアムホワイトパウダーとの差は、正直言ってこのペタリ感、かもしれません。
使い続けると、ビタミンC誘導体ですので肌がツルリとしてくると思います。
これはプレミアムホワイトパウダーを使用していても同様です。

お風呂上りにササっと化粧水のみで済ませることが出来るのは
結構便利です。
また、プレミアムホワイトパウダーの「無くなったら作る」という作業の
うっとおしさから解放され、今、とても楽に感じています。
薬用ホワイトローションにときめきがあるかというと特に無いんですが、
まぁプレミアムホワイトパウダーに比べればマシかなという気もします。
プレミアムホワイトパウダーは効果があるのでそれはそれで良いんですが…。
モチベーションを保つのは難しいものですね。

2月か3月あたりから使い始め、5月で残り少なくなってきました。
交互に購入してみるのもいいのかなと思います。

成分
L-アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム、グリチル リチン酸ジカリウム、精製水、ローズ水、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、L-セリン、トリメチルグリシン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、カンゾウエキス、ユキノシタエキス、酵母エキス(4)、ニンジンエキス、クワエキス、クララエキス(1)、ボタンエキス、カッコンエキス、キサンタンガム、乳酸、クエン酸ナトリウム、クエン酸、水酸化ナトリウム、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール
posted by 黒橡 at 00:00| 化粧水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

トゥヴェール/ブライトニングセラム

ブライトニングセラム
評価 5 (満点!)
メーカー名 トゥヴェール
ブランド名 トゥヴェール
商品名 ブライトニングセラム
アイテム 美容液
その他 30ml/2980円
入手法 ネット通販

使用感
あれは約10年前、20代前半のとき。
ニキビ・ニキビ痕で悩み、皮膚科へ飛び込んだときに
処方されたのは、抗生物質と「ハイドロキノン」と呼ばれる軟膏でした。
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほどの美白効果が
あるらしい画期的なアイテムですが、当時は基本的に
薬局処方で手に入るものでした。

「ハイドロキノンは高温に弱いので冷蔵庫保存。
 ニキビ痕だけに塗ってね。それから塗ったら
 上から日焼け止めを塗ってね。あと、塗った場所が
 反応を起こすようなことがあれば使うのを止めてください」

シミ一つ無いお肌はつるつるピカピカ、年齢不詳の女医さんに
言われたのを覚えています。
なぜこのような注意を受けたかというと…
このハイドロキノン、確かに白くはなるものの、それゆえに(?)
扱いが難しく…劣化しやすいうえに毒性も強いらしく、
細胞毒性により肌の老化が進むことがあるそう。
また、一部分に塗り続けると肌がまだらになることもあるとかないとか…?
(と、まぁ色々怖いことを書きましたが、私自身は使用時に
 特に問題はなく、ニキビ痕も消えたので良かったです)


ハイドロキノンの毒性が明るみに出た現在、代わる新成分としては
「W377」が注目されています。
W377とは「新規ポリフェノール」のこと。
メラニン合成酵素の阻害率が高いそうで、ハイドロキノンや
コウジ酸に比べても数千倍なのだとか。
所謂「シミ予防効果が高い」アイテムということになります。

長々と書きましたが、トゥヴェールのブライトニングセラムには
注目の新成分「W377」が配合されており、
普段ビタミンC誘導体を使っている人は併せて使用すると
美白効果がグンとアップする、のだそうです。

私はプレ化粧水として朝晩使用しています。
琥珀色のサラッとした美容液。
1、2プッシュを、シミになりやすい目元、
頬の高い部分を重点的に押し込んだ後、同じトゥヴェールの
ビタミンC誘導体で作った化粧水を塗っています。

肝心の効果はというと…これを使い始めて1本目の途中から
朝、晩と鏡を覗く度に
「なんだかメイクをしていないのにメイクしてるみたい?!」
と、自分で思っていました。
言いすぎかもしれませんが陶器のようにつるっとして
一枚ヴェールをかぶったような、白さ。
おそらくこれがくすみ抜け効果なのでは…?
内側から肌が輝いているような感覚。
毛穴も目立たないんですよね。
期待以上にすごいアイテムでした。
しかも、即効性もアリ!

実は一本目が終わってからしばらくブランクがあったのですが、
その間は肌に輝くような白さが消え、ホルモンバランスが
崩れる時期にはニキビも出来てしまったので、
慌てて二本目を購入。
するとすぐにまたあの輝きが蘇り…!
う〜ん、これこれ!
シミも薄くなり、目立たなくなったような…。
ニキビも覿面に出来なくなりましたしね。
今の時点ではこれが「シミを消す」とは断言できないんですが、
肌全体のくすみぬけは最強!
この肌が維持できるうになったらいいのですが、
維持するには使用し続けなければならないかも
しれません。
が、ハイドロキノンに比べて使用制限もなく
使いやすいし、お値段もとってもリーズナブル。
常備したいアイテムに仲間入り、です!

・・・少々テンション高めかもしれませんね。。
1年後くらいにどうなっているか追記するかもしれません。



成分
水、BG、アスコルビルエチル、グリセリン、プロパンジオール、水添レシチン、フェニルエチルレゾルシノール、サクシノグリカン、ヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体、マルチトール、ヒナギク葉エキス、オウゴンエキ、アロエベラ葉エキス、カッコンエキス、クロレラエキス、セイヨウオオバコ種子エキ、ブドウつるエキス、シリカ、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、カラメル、クエン酸、クエン酸Na
posted by 黒橡 at 00:00| スペシャルケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

賀正

french temle

あけましておめでとうございます

今年も楽しみながらコスメライフを送っていきたいと思います。
相変わらずのスロー&マイペース更新になりますが、
お付き合いくださると幸いです。

本年もよろしくお願いいたします。

2012年1月1日
posted by 千歳碧 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

嗚呼素晴らしき哉コスメライフ*2011

MY COSMETIC LIFE 2011 

japanese temple


2011年も、残すところもあと数日となりました。
毎年恒例、管理人の今年のコスメライフを振り返る企画でございます☆


続きを読む
posted by 千歳碧 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。